青雲を駆ける3

『青雲を駆ける3』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

青雲を駆ける 3 (ヒーロー文庫)
青雲を駆ける 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
新弟子が加わってますます賑やかになった鍛冶師ファンタジー第3弾。
今回もとても読み応えある内容でした。着々と発展していく村の様子にワクワクしますw
もし異世界トリップしてもこのシリーズを持っていたら何とかなるような気がするレベル(気のせい)
三角関係な修羅場にドキドキしつつも、仲良し夫婦のいちゃいちゃにニヤニヤ。タニアほんと可愛すぎる(´∀`*)
しかしラストは鬼のような引きでした・・・・・・4巻が早く読みたい!

☆あらすじ☆
ナツィオーニからやってきた三人の新弟子たちは、早速、村人たちから大きな反発を招いてしまう。領主の息子ダンテは歓迎会の席で喧嘩を始める。カタリーナはエイジを誘惑しようとしてタニアの反感を買う。レオは技術にしか興味がない。…果たして、三人をこのまま受け入れるべきなのか。村では新弟子たちの処遇が話し合われ、彼らをどうするかは師匠になるエイジに託されることになった。熟考の末、エイジが出した結論とは―!?愛する妻と、鍛冶場と村の未来を守るため、エイジは奔走することになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける3

【雑記】2015.12.12 ラノベ新人賞の過去未来/ラノベアニメ化予想

この記事を公開している頃、私はちょっと遠くへ出かけているはず・・・・・・(当記事は予約投稿です)
正直行きたくない。
家で電撃文庫の新刊を読んでいたかったです(´;ω;`)

1.ラノベ新人賞の過去未来
2.次にアニメ化するラノベはこれか!?
3.女性のトイレシーンの違和感
4.ネタバレOKな人とネタバレNGな人の違い
5.「のうりん!」ポスター問題

以下に続きます。

続きを読む 【雑記】2015.12.12 ラノベ新人賞の過去未来/ラノベアニメ化予想

魔法師グリーシャの騎士団1 太陽の召喚者

『魔法師グリーシャの騎士団1 太陽の召喚者』(リー・バーデュゴ著/田辺千幸訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

太陽の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団[Kindle版]
太陽の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団[Kindle版]【BOOK☆WALKER】

2014年7月刊。
国を二つにわける「偽海」の脅威や、虚栄と不満のくすぶる王宮、そして様々な能力を持つ魔法師(グリーシャ)たち。
そんな魅力的なハイ・ファンタジー世界の中で、普通の女の子が運命に翻弄されながらも毅然と立ち向かう姿を等身大で描き出す物語です。
主人公、幼なじみ、〈闇の主〉の三角関係的ラブロマンス(?)としても面白く、主人公の心の変遷にドキドキさせられます。
三部作の第一作として波乱の幕開けを迎えましたが、これからどうなっていくのか続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
隣国との戦いが続くラヴカ国には通常の軍隊である第一軍に加えて、〈闇の主〉(ダークリング)を指揮官とする第二軍があった。炎の召喚者、風の召喚者など、特殊な力を持つグリーシャたちの軍団。だが彼ら召喚者の怖るべき力をもってしても、〈真海〉との間に横たわり、魔物が潜む〈偽海〉を消し去ることはできなかった。太陽の召喚者が現れるまでは……戦争孤児の少女アリーナと幼なじみの少年マルの驚くべき冒険を描く傑作ファンタジイ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法師グリーシャの騎士団1 太陽の召喚者