楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?


『楽園〈ハレム〉への清く正しき道程〈ルート〉 0番目は北国産のツンドラ王妃?』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★☆☆

楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃? (ファミ通文庫)
楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃? (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
野村美月さんの新作はファンタジーなハーレム(予定)ラブコメ。
庶民出身の王様が王妃に迎えたのはツンツンした大国のお姫様でした、というところから始まる物語なのですが、今回はプロローグという感じ。ほのぼのとした雰囲気が可愛くて良かったです。
ラストで明かされる王妃さまの秘密といい、途中の予言といい、今後の展開が楽しみな新作でした。

☆あらすじ☆
庶民から一転、玉座を継ぐことになってしまったルドヴィーク。さっそく「国王の一番大切なお仕事」として告げられたのは、「大陸で一番高貴な血筋のお妃様を迎えること」! ところが現れた美しい花嫁は、彼の顔を見るなり呟いた。「キモイ……」そのまま王妃となった彼女と冷戦状態に突入するルドヴィークだったが、実は王妃にはある秘密があり、それを知った彼は、彼女とひとつの契約を交わすことに……。ファンタジー・ハーレム(予定)コメディ、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

国王の隠し子であることが発覚し、服屋の若旦那から王様へと転職したルドヴィーク
そんな彼は、大国のお姫様であるカテリナを王妃と迎えるものの、初対面から彼女の態度は冷たく厳しいもので・・・・・・というファンタジー。

 

前半はカテリナのツンツンした態度にルディと一緒に困惑。
何が彼女をこうも頑なにさせるのか気になって仕方ありませんでした。ルディに落ち度があったとは思えないだけになおさらです。

 

そんな中で、ルディにもたらされた予言。
あれはどういう意味なんでしょうね?1番目から6番目というのはサブタイ通り女の人のことを数えているのでしょうか。
ルディは「決して手に入らない七番目」を温かな家庭と捉えていたようですが、本当にそういうこと?
うーん、この予言、幸せな未来を告げているようで告げていない意味深さが気になります。むしろ凶兆っぽいのがなんとも(;`・ω・)

 

予言が気になりますが、その前に何とかしなければならないのはカテリナとの関係改善。
政略結婚したもののうまくいかない夫婦が、お忍びの城下町で相手を知らずに絆を育む、という後半の展開は「あれ?少女小説を読んでたんだっけ?」と思うような王道で可愛らしいものでしたw

 

もっとも、カテリナの秘密は予想外でしたが。
ツンツンしてたのにもそういう理由があったのかぁーと納得はしたのですが、これルディめちゃくちゃ可哀想ですね(´・ω・`)
好きになった女の子(しかもお嫁さん)には心に決めた人がいるって・・・・・・。
それでも今までのように「いい人」で終わらない可能性は見えているので、彼にはぜひ幸せを掴んでほしいものです。
頑張って振り向かせるんだ!!

 

さて、波乱の幕開けとなりましたが、今後どうなっていくのか。
2巻は1月に発売とのことですので(早いな)、楽しみに待ちたいと思います。

そして個人的にはあとがきにあった「吸血鬼」の外伝的なものというのが気になって仕方ない・・・・・・|д゚)チラッ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。