迷宮都市のアンティークショップ3


『迷宮都市のアンティークショップ3』(大場鳩太郎著/ファミ通文庫)★★★☆☆

迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)
迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
魅力的な数々のアンティークを描いたファンタジー第3弾。
なろう版は続いているようですが、書籍版はここで完結。
惜しいなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
迷宮都市最大の危機を救うのは――鑑定士!? “百鬼夜行”編、決着!
「儲け話がある」とトリスタンが切り出した。依頼人は幼い少女。亡くなった父の形見を取り戻して欲しいと言うが――【少しだけ煤けた瑪瑙の指輪】。休日、ケーキバイキングを楽しむソアラの前に出された付与道具とは……【生クリームのついた小剣】。アンデッドであふれたダンジョンで、アネモネはデュラハンと化した兄と対決する。フジワラも、元凶となった“屍者のオルゴール”の鑑定に挑むが――!! 『鑑定』で明かされる探索者たちの冒険譚第3弾! 文庫書き下ろし『あるいは薬瓶でいっぱいのバスケット』『年季の入った遊戯札』も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

 

百鬼夜行編完結。

いよいよ、過去のアネモネの戦いにも決着がつきました。
ラスボスとなったカリギュラ公爵が良い感じに狂っていて、ラストバトルはなかなかの読み応え。

 

そして、書籍版はこれにて完結、と。

 

うーん。惜しいです。
3巻後半が今までで一番面白かっただけに「続きはWEBで!」となってしまったのは残念。

 

素人考えですが、3巻にわたって百鬼夜行編を分散させたことには疑問が残りました。

身体能力的には弱い主人公であるフジワラが、様々なアイテムを駆使して戦うというのはとてもワクワクして面白い展開。
隠されていたフジワラの素性も明らかになって、それが意表を突くことになるというのも上手い。

このフジワラの大活躍を1巻ラストに持ってきていたらもっと売れていたんじゃないだろうか、と思えてならないんですよね(´・ω・`)
現在と交錯するから時系列もいちいち混乱するし、百鬼夜行編は1冊にまとめてほしかったなぁ・・・・・・。

 

まぁアイテム図鑑+SSの構成にこだわったからこそ、本作の独自性があることも否めないのですが。
うーん、重ね重ね残念です。

 

最後のアネモネとフジワラの距離感とかめっちゃ好みなのに・・・・・・!もう書籍では見られないのか(´;ω;`)

 

まぁ打ち切りになってもWEBで読めるのが救いですね。
WEBで続きを読んでいこうと思います。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。