迷宮都市のアンティークショップ3

『迷宮都市のアンティークショップ3』(大場鳩太郎著/ファミ通文庫)★★★☆☆

迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)
迷宮都市のアンティークショップ3 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
魅力的な数々のアンティークを描いたファンタジー第3弾。
なろう版は続いているようですが、書籍版はここで完結。
惜しいなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
迷宮都市最大の危機を救うのは――鑑定士!? “百鬼夜行”編、決着!
「儲け話がある」とトリスタンが切り出した。依頼人は幼い少女。亡くなった父の形見を取り戻して欲しいと言うが――【少しだけ煤けた瑪瑙の指輪】。休日、ケーキバイキングを楽しむソアラの前に出された付与道具とは……【生クリームのついた小剣】。アンデッドであふれたダンジョンで、アネモネはデュラハンと化した兄と対決する。フジワラも、元凶となった“屍者のオルゴール”の鑑定に挑むが――!! 『鑑定』で明かされる探索者たちの冒険譚第3弾! 文庫書き下ろし『あるいは薬瓶でいっぱいのバスケット』『年季の入った遊戯札』も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 迷宮都市のアンティークショップ3