ウロボロス・レコード1


『ウロボロス・レコード1』(山下湊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)
ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)

2015年11月刊。
これは凄い小説でした。
面白いけど、主人公にドン引きです。でも面白い・・・・・・(;`・ω・)
犯罪小説やノワール小説的なダークすぎるファンタジー。
異世界転生前に経験した「死」を恐れるあまり錬金術に傾倒し、非道で残虐な実験を繰り返す怪物の物語です。
ここまで狂った主人公はなかなかいないのでは。外道すぎてバッドエンドを願うレベルでした。

☆あらすじ☆
伯爵家の次男トゥリウスは、現代日本で死を迎え、剣と魔法が支配するファンタジー世界の子どもに生まれ変わった転生者だった。そんな彼の願いはただ一つ。「もう、二度と死にたくない」。そんな妄執に囚われている彼は、極めれば不老不死をも実現できるという魔法“錬金術”にすがりつく。だが、錬金術は誇大なホラ話として世間から軽んじられている魔法。その上、トゥリウスが行う錬金術研究の内容は、常軌を逸していた。洗脳、改造、人体解剖…繰り返される異常な実験の数々に、周囲から恐れられ忌み嫌われていくが、彼はまるで気にしない。全ては、不老不死の実現の為に。奴隷のメイド・ユニをお供に、トゥリウスは我が道を行く―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

異世界に転生したトゥリウスが何よりも恐れるものは「再び死ぬこと」。
「死」を怯え、錬金術によって不老不死になろうとするトゥリウス。
そのために、トゥリウスは外道極まる残酷な「実験」を繰り返していくのです。

 

なんかもう、読んでいる間トゥリウスの存在と行動に吐き気が止まりませんでした。
過剰なほどに「死」を恐れるくせに、自分以外の「死」には無頓着。
奴隷をどう扱っても罪に問われないことを利用して、ユニと共に繰り返す人体実験と積み上げる死体の山。

 

最初から最後までひたすら彼の悪行にゾッとしたのですが、最も恐怖を感じたのはユニに対して初めて心を開いたシーン。

ヒロインにロボトミー手術するラノベ主人公とか初めてみましたよ・・・・・・。

確かに最初から脳手術するとは言ってましたが・・・・・・えええ・・・・・・。

人間不信気味だったトゥリウスが、ユニに対してだけは信頼関係とか絆とかを育んでいく、的な展開を期待した私が間違っていたのですね。
そんな不安定で安心できない関係はクソ食らえなんですね。
彼はもう人間ではなく「悪魔」なんだなって、やっと理解出来た瞬間でした。

 

もうやだ!この主人公やだ!!怖い!!!!!(´;ω;`)

 

こいつ犯罪係数測ったら確実にオーバー300のサイコパスですよ・・・・・・怖すぎて涙目。

 

ユニもユニで、狂ってるしなぁ。
恩義と恋情がこういう方向に進むヒロインって。奴隷根性なのこれ。新たなるヤンデレなんじゃないの?

 

トゥリウス視点だけでも十分に頭のおかしさが伝わってくるのですが、周囲から見た彼の底知れなさもとても恐ろしい。
唯一共感していた錬金術師がいましたが、あのお爺さんも大分頭おかしい類友でしたし。
お兄さんには同情を禁じ得ません。でもあまり蛇をつつくとやばいと思うんだ・・・・・・

 

最終的にトゥリウスの周囲を固める部下たちも恐ろしい。
ドゥーエが一番まともそうですが、彼も脳をいじられているわけですし。
MシリーズとBシリーズもなぁ・・・・・・エミリーの行動と結末ががががが(((゜Д゜;)))

 

ものすっごく疲弊する小説でした。
しかし思わず夢中で読み込んでしまう暗い魅力のある作品だったと思います。

これはトゥリウスの結末を見届けるまで目が離せませんね。
ぜひ最高で最低なバッドエンドを迎えてほしい。

というわけで、ビビりながら2巻を待ちたいと思います(;`・ω・)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。