ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです2


『ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです2』(花木もみじ著/アリアンローズ)★★★★☆

ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです 2 (アリアンローズ)[Kindle版]
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです 2 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年1月刊。
ゲーム本編である「学園編」ですが、なろうはここで本編が完結し、書籍は書き下ろしで3巻に続くようですね。2巻自体は綺麗に終わっているので、どう続くのか楽しみです。
さて1巻の可愛い子どもたちを愛でていた私ですが、17歳になったリコリスたちもやたら可愛かったです٩( ‘ω’ )و
それにしても、ヤンデレ素質持ちが病むと楽しいことになりますねww

☆あらすじ☆
攻略対象全員がヤンデレの、『ヤンデレ系乙女ゲー』の世界に転生してしまった私、リコリス。 婚約者ヴォルフ、弟シェイドの『ヤンデレ化危機』を乗り越え、魔法学園へ――それから五年。とうとうゲームヒロイン『リリィ』が魔法学園に現れた。清楚で可愛らしく、非常に高い魔法の素養を持ち、ヤンデレから惚れられることにかけては超一流のヒロインが。 彼女に恋をすることで、攻略対象は病んでしまう。もしもヴォルフがそうなってしまったら? そんな不安を抱える私の前に、まさかの『隠しキャラ』が登場。学園中が大変なことに……!? ヤンデレ系乙女ゲー・ラブミステリー第二巻が、大幅加筆でいよいよ登場!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前世でプレイした乙女ゲームの舞台となる魔法学園に入学したリコリスたち。
2巻は1巻ラストから5年後、17歳となったリコリスたちの学園生活を描いていきます。

 

ゲームの舞台、ということでやはり気になるのはゲームヒロイン・リリィの登場。
彼女に恋をするとヤンデレが生まれて悲劇になりかねないということで、気が気でないリコリス。
特に、ヴォルフがリリィに恋をしたら自分はどうすればいいのか?と途方にくれるシーンが印象的でした。

 

まぁ、無用の心配なんですけどねっ!
どうみてもヴォルフは良妻&番犬でリコリスしか見てないんですけどねっ!!

 

不安がるリコリスが可愛すぎて悶えますw
リコリスは前世の記憶がある上に母親のことがあるから、怯えてしまうのも仕方ないのですけどね。

 

結局ゲームシナリオで言えば隠しキャラルートを通るというまさかの事態となりましたが、「魔法のある世界」というファンタジー設定をフルに使っていて面白かったです。

 

本当に迷惑極まりない魔人さんでしたが、悪夢に関してはグッジョブとしか←
思えばリコリスとヴォルフってあんなに仲良しなのに「婚約者」であって「恋人」にはなってなかったんですよね。
その微妙な距離感が(そしてヤンデレになれる素質が)ヴォルフにもリコリスにも悪夢を見せたのでしょうけれど、雨降って地固まるとはまさにこれ。

「いっそ君を、殺してしまいたい」からの「ヴォルフはきっと、私のことがものすごーく好きなのよ。」にはギャーーーーーー!!!って萌え転がりました。もうほんとバタバタ転げ回りました。

 

ヴォルフ良かったね(´;ω;`)
2巻ラストの「ゆっくりでいいんだ。・・・・・・」も最高に悶えました。リコリスに対して本当に徹底的に優しい騎士なんだよなぁ。ちょっと過剰だけど。危機察知能力とフォロースキルの高さに震える。

 

そんな感じで乙女ゲーム関連についてはうまくハッピーエンドを迎えた第2巻。
何気にさらっと「ゲームとこの世界が似ている理由」という伏線まで回収されていて、その理由が面白かったです。
お ま え の せ い か !

 

純粋に学園モノとしても良作でした。
リコリスがぼっちになる経緯が最初はあるあるだと思ったのに、視点変えて見ればヤンデレ(素質持ち)に愛されすぎたせいっていうのが笑える。
リリィも微妙にヤンデレ気味だもんなぁ。あれはきっとやばい。
ほんとみんなリコリス大好きなんだから・・・・・・///

 

たぶん彼女の周囲にいる人間の中でマトモなのはウィオラだけだと思うんですよね。うん。
番外編のウィオラ奮闘記が意外にも面白くて良かったですw
友だちに飢えていたリコリスの反応も可愛いww

 

さて、大団円で終わったのですが、書籍は3巻に続く様子。
全編完全書き下ろしとのことで、どういう物語になるのかとても楽しみですヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。