ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです。


『ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです。』(秋杜フユ著/集英社コバルト文庫)★★☆☆☆

ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです (コバルト文庫)
ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


2015年12月刊。
評価を★2つにしておいて言うのもアレですが、面白かったです。
でも個人的には地雷でした。
テレビドラマや一般小説であったなら普通に楽しめたに違いない、感動的な物語。
だがしかし、これは少女小説なのです。正直、こういう設定は求めていないのです(´;ω;`)
たぶん気にならない人には気にならない設定。私が過剰反応してるのは分かってるんだ・・・・・・。
ちなみに前作「ひきこもり姫と腹黒王子」の後日談を兼ねた外伝で、前作ヒーローの叔父がワケありメイドに恋をする話です。前作未読でも問題なく読めると思います。

☆あらすじ☆
『花嫁の、身分は問わない』アレサンドリ神国王が放った前代未聞のお触れから約一カ月。当のひきこもり神官こと王弟ベネディクトは、今日も今日とて城内を謎の徘徊中。ずぶ濡れに、なりながら…。一方、しっかり者なメイドのディアナは(妃の座を夢見ることもなく)せっせと城を磨き上げていた。のに…!?身分を越えた二人が出会う、波乱含みで奇跡のように間が悪い、花嫁探しラブコメ。

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブな上に、いつもよりもネタバレが激しいのでご注意ください。

 

前作ヒーロー・エミディオの叔父にして壮絶に間が悪い神官ベネディクト
そんな彼と関わることになった「美」を愛する完璧主義(潔癖気味)なメイド・ディアナ

この二人が、少しずつ交流を深めながら恋が生まれていく物語でした。

 

ベネディクトの方をみれば、慣れない恋にトンチンカンな行動をとりながらも懸命に頑張る姿が好印象。
普段はぽややんとしていても、大事なところではキリッとヒーローらしさを見せて格好良かったです。

 

その恋のお相手となるディアナに複雑で大きな事情があり、それが原因で二人の恋はなかなか進展しないわけですが・・・・・・この「事情」というのがクセ者すぎた。

 

完全なるネタバレをしますが、ディアナにはお腹を痛めて生んだ実子が1人いて、しかもその子は隣国の元王太子の息子(ディアナは王太子妃)。更に言えば現国王の正当性に問題があることから内乱の火種になりかねない存在というオマケ付き。

 

この事情、私は「少女小説的に大丈夫?」と思えて仕方なかったし、個人的にはあまり嬉しくない設定でした。
子どもがいるといっても、義理の息子とか親戚の子を引き取ってるとかそんなんだと思ってたのになぁ。

 

「シングルマザーが優しい男性と恋に落ちて、過去の傷を癒しながら新たな家族を作る」というストーリーそのものは良いと思うのです。ドラマとかで見たら私もきっと感動します。良い話だなぁと思うはず。

 

でもこれ少女小説なんで・・・・・・。

 

少女小説的にはミシェルとの愛を貫いてほしかったかな。愛し合った上で子どもが生まれているのだし、回想シーンでのお別れが切ないものだっただけに、なおさら。
ディアナがミシェルへの愛を認めながら恋を否定してたのも、そこで逃げ道つくるの?って思ってしまいましたし。

ただ、この設定でベネディクトが振られてたら評価した・・・・・・こともないだろうなぁ。

 

で、「子持ちの未亡人」に躓くと次に気になるのは「隣国の亡き王太子の妻子」という点。
完全に火種ですよね!?
ビオレッタのお願いとかベネディクトの子どもにするとか色々対策していましたが、全体的なノリが軽いんで「えっそんな対応で大丈夫なの!?」とめっちゃハラハラしました・・・・・・。情報ダダ漏れな気がするのに、解決策が力業すぎる。

 

色々とネガティブな感想を書きましたが、仮にこの作品がもう少し重い空気を纏ったシリアスなものだったら印象は変わったのかもしれません。
全体的に前作みたいな明るいラブコメ調でありながら、設定だけ重すぎるのがアンバランスに感じ、そのため最後まで自分の中でうまく整合性をとれなかった気がするのです。消化不良でモヤモヤ。

 

まぁ、今回は個人的に地雷だったということで。
この設定が気にならない人からすれば「過剰反応しやがって」と思われるに違いない・・・・・・。
少女小説じゃないところで出会いたかった物語でした。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。