平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職


『平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職』(きさらぎ希衣著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職 (コバルト文庫)
平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職 (コバルト文庫)

2015年12月刊。
盗賊として捕まったら宮中に再就職できました、という平安ファンタジー。
中編1本と短編1本の2本立てで陰陽師的な物語ですが、主人公は陰陽師ではなく物の怪が見える(&物理で殴れる)普通の人なのが面白い作品でした。
世界観を壊さない程度に軽やかな文体も好印象。読みやすかったです。
ただ、イラストが扉絵2枚のみというのはちょっと寂しいかな(´・ω・`)

☆あらすじ☆
近頃平安の世を騒がすのは火つけ、押し込み、誘拐何でもアリ、極悪非道な大泥棒・袴垂保輔。彼の手が遂に、帝のお住まいになる清涼殿まで伸びてきた。そこに出くわしたのは美しすぎる第二皇子・憲平親王と恋多き女と噂の当代一の女流歌人で!?ひょんなことから大泥棒と第二皇子がタッグを組んで、物の怪退治をすることになるのだが!?スリルありロマンスあり涙あり…新感覚平安活劇!

以下、ネタバレありの感想です。

 

 

平安の都を騒がせる大盗賊・袴垂保輔
没落貴族である正体を隠して宮中に忍び入っていた彼は、そこで東宮・憲平親王を擁する一派に目をつけられ、物の怪に目を付けられやすい東宮を守るチームにスカウトされるのです。

という感じで藤原保昌に名を改め、東宮に仕えることになった主人公が、東宮と主上の確執に巻き込まれていくのが最初のエピソード。

 

この主人公、なかなか良いキャラしていたと思います。
物の怪に関わる陰陽師的な物語の主人公でありながら、彼自身は物の怪が見えるただの人。が、物理で殴れる。
術も使わずに物の怪退治できるとか、最強ですか?(;`・ω・)

そんな感じで結構豪快な主人公だったのは、こういうテイストの作品にしては新鮮で面白かったですw

 

しかも女好きだし。
あらすじの「ロマンスあり」から、江式部との間に恋愛的な何かがあるのか気になっていたのですが、その点については肩すかし。次のエピソードに係る言葉だったのかも。

 

主上の怨念については、まぁ、人間だし多少はね?
虚栄心を満たされる最期を飾れて満足だったのではないでしょうか。
お迎えにきた中宮との会話が面白すぎでしたがwあの世で尻に敷かれているに違いない。

 

 

 

保昌の相棒的ポジションにいる滝口の武士・源頼光に惚れ込んだ付喪神のお話。

ロマンスってもしやこれか・・・・・・まぁロマンスではありましたが。

むしろ頼光と保昌の、大学生とか新社会人のようなノリの友だち関係が面白かったです。
このコンビ、結構好きかもw

 

 

分量的にちょっと物足りなさのある作品でしたが、シリーズ化すれば良い作品に育ちそうな予感があります。
続刊に期待したいです( ・ㅂ・)و ̑̑

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。