精霊幻想記2 精霊の祝福

『精霊幻想記 2.精霊の祝福』(北山結莉著/HJ文庫)★★★☆☆

精霊幻想記 2.精霊の祝福 (HJ文庫)
精霊幻想記 2.精霊の祝福 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
前巻は人生ハードモードな主人公にハラハラさせられましたが、今回はそれに比べるとかなり穏やかな展開。
優しい時間に癒されます。骨休みと伏線設置な回という印象。
明らかになる事実もあれば、深まる謎もあったりして、ますます今後の展開が楽しみになりました。

☆あらすじ☆
ベルトラム王国を出奔し、両親の故郷である東の地を目指して一人旅をするリオ。その道中、彼は貴族が差し向けてきた暗殺者である狐獣人の奴隷少女ラティーファと戦闘し、これを返り討ちにする。さらにリオは、ラティーファを縛る隷属魔術を解呪するのだが――自由の身になった彼女はひとりぼっちは嫌だと主張し、リオの旅への同行を申し出て!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 精霊幻想記2 精霊の祝福

平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職

『平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職』(きさらぎ希衣著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職 (コバルト文庫)
平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職 (コバルト文庫)

2015年12月刊。
盗賊として捕まったら宮中に再就職できました、という平安ファンタジー。
中編1本と短編1本の2本立てで陰陽師的な物語ですが、主人公は陰陽師ではなく物の怪が見える(&物理で殴れる)普通の人なのが面白い作品でした。
世界観を壊さない程度に軽やかな文体も好印象。読みやすかったです。
ただ、イラストが扉絵2枚のみというのはちょっと寂しいかな(´・ω・`)

☆あらすじ☆
近頃平安の世を騒がすのは火つけ、押し込み、誘拐何でもアリ、極悪非道な大泥棒・袴垂保輔。彼の手が遂に、帝のお住まいになる清涼殿まで伸びてきた。そこに出くわしたのは美しすぎる第二皇子・憲平親王と恋多き女と噂の当代一の女流歌人で!?ひょんなことから大泥棒と第二皇子がタッグを組んで、物の怪退治をすることになるのだが!?スリルありロマンスあり涙あり…新感覚平安活劇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 平安もののけバスターズ 大盗賊の再就職

ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです。

『ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです。』(秋杜フユ著/集英社コバルト文庫)★★☆☆☆

ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです (コバルト文庫)
ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


2015年12月刊。
評価を★2つにしておいて言うのもアレですが、面白かったです。
でも個人的には地雷でした。
テレビドラマや一般小説であったなら普通に楽しめたに違いない、感動的な物語。
だがしかし、これは少女小説なのです。正直、こういう設定は求めていないのです(´;ω;`)
たぶん気にならない人には気にならない設定。私が過剰反応してるのは分かってるんだ・・・・・・。
ちなみに前作「ひきこもり姫と腹黒王子」の後日談を兼ねた外伝で、前作ヒーローの叔父がワケありメイドに恋をする話です。前作未読でも問題なく読めると思います。

☆あらすじ☆
『花嫁の、身分は問わない』アレサンドリ神国王が放った前代未聞のお触れから約一カ月。当のひきこもり神官こと王弟ベネディクトは、今日も今日とて城内を謎の徘徊中。ずぶ濡れに、なりながら…。一方、しっかり者なメイドのディアナは(妃の座を夢見ることもなく)せっせと城を磨き上げていた。のに…!?身分を越えた二人が出会う、波乱含みで奇跡のように間が悪い、花嫁探しラブコメ。

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブな上に、いつもよりもネタバレが激しいのでご注意ください。

続きを読む ひきこもり神官と潔癖メイド 王弟殿下は花嫁をお探しです。