MONUMENT あるいは自分自身の怪物

『MONUMENT〈モニュメント〉 あるいは自分自身の怪物』(滝川廉治著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

MONUMENT あるいは自分自身の怪物 (ダッシュエックス文庫)
MONUMENT あるいは自分自身の怪物 (ダッシュエックス文庫)

2015年11月刊。
魔術が存在するけれど、結局は似たような歴史を歩んできた世界を舞台にしたダークファンタジー。
謎めく展開と凝った伏線が面白い作品でした。
言い回しが難解に感じられて読むのに時間がかかってしまいましたが、それだけ読み応えは抜群でした。
終わり方が微妙にスッキリしないのですが、続きはあるのだろうか・・・・・・

☆あらすじ☆
人類が火を熾すよりも先に、発火の魔術に目覚めた世界。 旧ソ連出身の孤独な少年工作員ボリス・カルノフは、とある少女の護衛依頼を受ける。少女の名前は千種トウコ。一億人に一人といわれている『賢者』の魔力資質を持った魔術師らしい。ボリスの任務は彼女が『ピラミス魔法学院』を卒業するまで、あらゆる危険から護り抜く事だという。 どうにも不透明な依頼を怪しむボリスだが、訪れたピラミス島の地下に眠る超古代魔法文明の遺跡『モニュメント』をめぐる戦いに巻き込まれて、自分自身と世界に秘められた真実に邂逅する!! 絶望からはじまり、未来に挑むネオ・ファンタジー、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む MONUMENT あるいは自分自身の怪物