正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

『正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む』(慶野由志著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む (ダッシュエックス文庫)
正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む (ダッシュエックス文庫)

2015年11月刊。
付喪神の持ち主となった主人公が、付喪神によって起こされた事件の謎を追うというシースルー青春ラブコメ!
何がシースルーって主人公の思考が開けっぴろげなんですよね。
思考欲望ダダ漏れですが、びっくりするくらい気持ちよく真っ直ぐな主人公。
そして、そんな彼の性質がストーリーそのものの大きな要となっている物語です。優しさをここまで愚直に貫けるのはとても素敵。
主人公のキャラがかなり面白かったので、ぜひシリーズ化してほしいです(^▽^)

☆あらすじ☆
考えたことすべてが言葉と表情に出てしまう「正直バカ」の高校生・春先真太郎は、転校してきたばかりの憧れの美少女、神楽琴葉や、エロス探求に燃える十月九日、常時暴走気味の更級燐子といった残念美少女たちとの青春生活を送っていた。だが生徒や先生が急に意識を失って倒れる『連続昏倒事件』が学校で頻発していて、ある日燐子も昏倒してしまう。そんな中、真太郎の自宅に「鏡の付喪神」だという少女が現れる。“心の姿を映す能力“を持つ彼女と共同生活を送ることにする真太郎だったが、その翌日、突然自宅を訪ねてきた神楽が「その付喪神を今すぐ渡せ」と要求してきて――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

モーテ3 夢の狭間で泣く天使

『モーテ 夢の狭間で泣く天使』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)
モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
1巻から続いていた、大きな因縁に決着がつく第3巻。
それはそれとして、読み終えると表紙を見るだけで胸が詰まります。なんで・・・・・・こんな・・・・・・。

☆あらすじ☆
――俺は、アミヤをこの手で殺したい
モーテを発症し、荒んでいくアミヤを見かねたダンテはグラティアを脱走する。起こるはずもない奇蹟を信じる彼らだったが、自殺衝動を止められず苦しむアミヤは言った――ダンテに殺してほしい、と。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モーテ3 夢の狭間で泣く天使

萌神

『萌神(モエジン)』(十文字青著/一迅社文庫)★★★☆☆

萌神 (一迅社文庫)
萌神 (一迅社文庫)

前巻の感想はこちらから


2010年8月刊。
第九シリーズ第4弾。
感想が!書きづらい!!
無気力な高校生のもとに舞い降りた萌えの精霊。彼女によって主人公はハーレムラブコメ顔負けの日常を送ることになるのですが・・・・・・。
終盤の超展開に衝撃を受ける作品でした。

☆あらすじ☆
人生はつまらない。それがあたりまえだと思って生きてきた吉次。だが、友人の“中佐”にそれではいけないと諭され、未だ知らぬ“萌え”を探求することに。しかし、中佐に渡されたマンガ本や小説、アニメなどを見ても、なにも感じない吉次。吉次には萌えがまったく理解できない。ついに中佐はアドバイザーとして、萌えの精、もえるを召喚する。果たして吉次は萌えを知ることができるのか…!?第九高校で、君は萌えの神を見る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 萌神