君から受け継ぐ英雄系譜


『君から受け継ぐ英雄系譜〈ブレイブ・クロニクル〉』(熱井拳也著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)
君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
第2回オーバーラップ文庫小説大賞「銀賞」受賞作。
異世界から自分たちの世界を守る少年と少女の物語。
病的なシスコン主人公が熱い戦士に変わる後半の展開こそが本番です。
バトルシーンが魅力的な作品でしたが、最後の展開は雰囲気的に予想外でした。つらい。

☆あらすじ☆
俺には“世界最強”しか許されない。
《星術》と称される異能を操り、異世界の侵攻から世界を守る“星術師”。その育成機関“星門学園”に通う黒乃刻哉(くろのこくや)は、とある欠陥を持つ最低ランクでありながら“世界最強”の幼馴染・雪銀(ゆきがね)ユキヒメに挑むも、連戦連敗してしまう。そんなある日、異世界の侵攻を受け状況は一変。世界の命運を賭け最前線で戦う刻哉たちだが、異世界の王レッジェの強さを前に絶体絶命の窮地に陥り――!?
「私の全部をあげるわ。だから、勝たないと許さないんだから!」「しょうがねえな……世界でもなんでも守ってやるよ!!」
少女の意志を受け継ぐとき、少年は“世界最強”の英雄となる――!

以下、ネタバレありの感想です。

 

舞台となるのは、異世界による侵攻から世界を守る「星術士」を育成する星門学園。
主人公黒野刻哉は、世界最強の星術士である幼なじみ・雪鉄雪姫に勝負を挑みつつ、唯一の家族である妹・トワを全力で愛でる平和な日々を送っていた。しかし強大な武器に変化できるトワを狙って異世界から侵攻者がやってきて・・・・・・というのが本作の大まかなストーリーです。

 

前半の日常シーンはちょっと描写が粗いかなぁーと思ったものの(妹ラブ描写は濃厚でしたが)、その分後半のバトル描写のエネルギーは凄まじいモノがありました。

雪姫VS刻哉の対戦もなかなか面白かったのですし、後半で出てきたレッジェたちとの戦いの熱量の高さも良かった。
作者が全力を尽くして書いているのが伝わってくるバトル描写で、とても熱かったです。
きっと楽しんで書いていたんだろうなぁw

 

そんなバトルの熱さに圧倒されていたのですが、最後にやってきた展開には衝撃を受けました(;`・ω・)
「君から受け継ぐ」ってそういう意味か・・・・・・。

なんというか、長編シリーズ終盤とか、前日譚的なエピソードを読んでる気分でした。
本作の雰囲気的にまさかヒロインがああなるとは思わなかったので驚愕。
もう少しユキヒメとの恋人未満的な関係を掘り下げてくれた方が好みでしたが、それでも十分悲しかったです・・・・・・。

 

最後の展開におののいたのですが、これシリーズ化するのでしょうか。
単巻モノと言われた方が結末に納得できるし、割と綺麗に終わった気がするんですよね。

それにユキヒメが可愛くて好きだっただけに、ダメージが大きすぎて続きが出ても読めないかも(´・ω・`)

 

ラストの展開が悲しすぎましたが、バトル描写自体は魅力的な作品だったと思います。
次巻があれば、あらすじ次第ということで。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。