エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3

『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3』(東龍乃助著/MF文庫J)★★★★★

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
この展開を待っていた!!
このラノ2016新作部門で見事第1位を獲得した期待のロボラノベシリーズ第3弾。
今回の熱すぎる展開は、素晴らしかった1巻2巻すらも超えていました。
苦しいほどに押さえつけて、これでもかと待ち焦がれさせて、そうして終盤に全力で解き放つ壮絶なカタルシス。後半の燃え上がる気持ちをどう抑えろというのか!
痛々しいほどに「ヒーロー」な主人公。彼を慕い死力を尽くす仲間たち。
前巻までのアレコレを経てそれぞれのキャラクターが本当に魅力的に育ってきています。
何より彼女の覚醒が!これ!これを見たかったんです!!!!

☆あらすじ☆
とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!
氷室義塾の活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが謎の武装組織、さらにマリスが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまい……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3

神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。

『神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。』(石田リンネ著/ビーズログ文庫アリス)★★★★☆

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)
神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
「おこぼれ姫と円卓の騎士」シリーズの石田リンネさんの新作。
土地神である「守護」になったばかりの新米神さまと、彼の手足として働く「守護代」たち。
そんな彼らが土地を守り亡霊と戦うという内容の和風ファンタジーなのですが、予想外に感動的な物語でした。
「400年守護代として仕えてきて、最近代替わりで守護になった」という主人公の背景の意味。
そこに隠された想いを知れば、わがままな彼のことを苦笑しながらも愛しく思ってしまう。そんなお話でした。
設定とストーリーがうまく調和した良い作品でした。ぜひシリーズ化をお願いします!

☆あらすじ☆
「ご隠居と呼べ!」。気楽な神さま生活、始まり始まり……の、はずが!?
現代日本。関東の『土地神』である千鳥(←四百歳越え)は、神さま歴一カ月半! 忙しい人間生活をようやく引退した千鳥は「ご隠居と呼べ」と皆に要求しつつも、やっぱりなにか仕事ない……? とそわそわする毎日。ある日、頼りになる右腕の柏、現代っ子の帯刀と共に、月に一度の神さま会議に出向くが……先輩神さま方から「平氏の亡霊が蘇った」と厄介な仕事を押しつけられて!? 土地の記憶に眠る『伝説の武器』を手に、彼らの戦いが始まる――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。