デート・ア・ライブ12 五河ディザスター


『デート・ア・ライブ12 五河ディザスター』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年6月刊。
いつもと逆パターンな士道回。黒歴史一直線ですね。
いやマジお前誰だよ・・・・・・と何度思ったことかw
読む前は「お、表紙の士道なんか格好いいな」と思っていたはずなのに、読んだ後は「お、おう・・・・・・なんかとっても恥ずかしいw」と評価が反転する不思議。
やっぱり士道は士道じゃなきゃダメだ!と再確認しました。

☆あらすじ☆
暴走した士道を止めるため、デレさせろ!?
これまで封印してきた精霊たちの力がオーバーヒートして、暴走状態になる五河士道。最悪の事態を避けるため、精霊たち全員で士道にキスをしようとするのだが……。いつもとは違う士道に振り回され――!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

封印している精霊の力がオーバーヒートしてしまった士道。
それで何のかんのよく分からないうちにキャラまでオーバーヒートしてしまった士道。

 

誰ですか、このスケコマシナンパハーレムキザ野郎は・・・・・・((((;゚Д゚))))
言ってることもやってることも普段の士道からかけ離れててめっちゃ笑いましたw

そうは言っても暴走士道は本当にひどかった。
ニヤニヤしながらイライラするとか、どんな顔して読めばいいのか( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!

良かった。デアラの主人公が最初からこれだったら耐えられなかったはず・・・・・・士道でよかった!

 

士道をデレさせるつもりが振り回されてしまう精霊達。
なんというか、このシリーズに恋愛戦に長けた子はひとりもいないんだな、と。そのピュアさが可愛いんですけどw

特に可愛かったのは折紙。
改変前と改変後の人格が融合した結果、どんな折紙になるのかと思っていたのですが・・・・・・これは破壊力がやばい!!
折紙の異常行動力に羞恥心がプラスされるとか!さらに清楚デビル折紙(・・・デビル?)が消えてなかったとか!
私は1巻からずっと十香押しだったのですが、折紙の魅力に負けてしまいそうです。

いやいや、やっぱり十香も負けてない!
「キスしちゃダメ」の約束はあのまま流されたかと思っていたのですが、12巻になって回収されるとはw
恋を自覚した十香がこれからどんな態度で士道に接していくのか、ちょっと期待してます(´∀`*)

 

いつも以上に賑やかだった士道メイン回でしたが、今回も面白かったです!
ただ今回の騒動、士道と真那の会話とか「第二の精霊」とか「ファントム」も絡んできて、実は伏線設置回だったような。続きが気になります。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。