英雄都市のバカども1 王女と封鎖された英雄都市

『英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜』(アサウラ著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

英雄都市のバカども ~王女と封鎖された英雄都市~ (ファンタジア文庫)
英雄都市のバカども ~王女と封鎖された英雄都市~ (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
タイトルに偽りなし。
バカだバカしかいない・・・・・・と、おののきながら読んでいたのですが、最後に「こいつら本当にバカだったわ!!」と読んでたiPadぶん投げたくなりました(褒めてる)
愛する街と孤独な王女を守るため、軍隊に立ち向かう市民の熱い団結力に震えます。その優しさと力強さも素晴らしい。
一般市民が魅力的すぎて、主人公はリキュールの街そのものといっても過言じゃないかもしれません。
そして脅威の肌色率。この愛すべきバカどもめ!!

ファンタジアBeyondで連載しているシリーズの書き下ろしだそうなので(WEB版未読でも問題なし)、Beyondの方も見てみようと思います。

☆あらすじ☆
精鋭帝国軍から悲劇の王女を守るため、一般市民(バカ)が立つ!
英雄の末裔が住む辺境都市リキュール。そこに国を追われし王女が逃げ込んできた。彼女を追い、圧倒的な数で街を包囲する帝国軍。王女を匿う何でも屋モルト&市民たちは、規格外のパワーと非常識さで帝国精鋭に挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英雄都市のバカども1 王女と封鎖された英雄都市

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター

『デート・ア・ライブ12 五河ディザスター』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年6月刊。
いつもと逆パターンな士道回。黒歴史一直線ですね。
いやマジお前誰だよ・・・・・・と何度思ったことかw
読む前は「お、表紙の士道なんか格好いいな」と思っていたはずなのに、読んだ後は「お、おう・・・・・・なんかとっても恥ずかしいw」と評価が反転する不思議。
やっぱり士道は士道じゃなきゃダメだ!と再確認しました。

☆あらすじ☆
暴走した士道を止めるため、デレさせろ!?
これまで封印してきた精霊たちの力がオーバーヒートして、暴走状態になる五河士道。最悪の事態を避けるため、精霊たち全員で士道にキスをしようとするのだが……。いつもとは違う士道に振り回され――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ12 五河ディザスター