妹さえいればいい。3


『妹さえいればいい。3』(平坂読著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


ラノベ作家の青春群像劇第3弾。
今回もやっぱり下ネタはエグかったものの、色々とキレッキレでめっちゃ笑いましたw
でもホーンリバー関係は大丈夫ですか!?そこ掘り下げて本当に大丈夫!?!?

☆あらすじ☆
妹さえいればいいと思っていたはずなのに!妹モノの小説ばかり書いている妹バカの作家・羽島伊月は、様々な悩みや問題を抱えながら慌ただしい日々を送っている。原稿の締め切り、恋、そして家族のこと……。アニメ化で大ダメージを負った友人作家の不破春斗から恋愛相談を持ちかけられたのを皮切りに、伊月の周囲の人間関係も動いていく。果たしてその先に待ち受けるのは激動か、平穏か――。一方、天才イラストレーターぷりけつは千年に一度のケツを持つ少女を探していた……! 羽島兄妹の事情も明らかになるかもしれない、大人気青春ラブコメ群像劇第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

相変わらずSS集みたいな構成ですが、随所に挟まれる業界ネタの面白さは安定していましたw

 

春斗のアニメ化については、挽回できないままなんですね。
そりゃそうか。1話で撃沈してるなら、もう色々と無理ですよね・・・・・・。
アニメは爆沈しても原作は売れ行き好調っていうのもなんだかリアル。
アニメ化成功の判断基準については原作小説の売れ行きも加わるらしいので、そういう意味だとこのアニメ化も大爆死ではないのかも?

 

「あらすじ」の話も興味深いものでした。
ネタバレなぁ・・・・・・「六花の勇者2」のあらすじは本当にひどい。未読の方は絶対に見てはいけないあらすじです。
うちのブログはあらすじを引用するスタイルですが、流石にその部分は削ったことを思い出しました。
他の作品でもあらすじにひどいネタバレが入ってるものは引用時に少しいじるのですが、どこまでがネタバレかは人によって違うので配慮が足りない部分があるかもしれません(あらすじ以下のネタバレ感想パートについてはご容赦を)。もっと気をつけていこう。

 

そして今回もTRPGパートは攻めに攻めてましたねーw
ホーンリバー帝国ネタがやばさしかない。
「ミッドフィールド公国」とか「ハグァーヌイ」とか元ネタをニヤつきながら考えていたせいで、あの5ページを読むのにめっちゃ時間がかかってしまいました。
大体わかったとは思うのですが、「突脳軍団」「スズヤミ」「レキ」がわからない・・・・・・

 

TRPGもやばさしかありませんでしたが、「ワンス・アポン・ア・タイム」もひどすぎるww
あの挿絵は本当にひどい。なんていうか、うん、ただただひどいw 本当に怒られるぞ!!

 

業界ネタは安定の面白さでしたが、今回一番気になっていたのは春斗の恋によって更に複雑化した恋愛模様。
泥沼四角関係くるかな?と期待していたのですが、予想よりは大人しい感じでした。

とはいえ関係者それぞれの気持ちがハッキリと表に出たので、実はかなり大きな進展があったともいえるのかも。
春斗が京の想いに気づいたことと、伊月が自分の気持ちを明かしたことは今後の展開においても重要だと思うんですよね。
しかも後者については那由多の耳が赤いという超ニヤニヤするオチまでつくわけでw

それにしても「主人公になりたい」って熱い目標だよなぁ。
今後のふたりの関係がどうなるのか楽しみです!

まぁ、ガイルさんに従っていればきっと大丈夫。ガイルさんには世界の真実が書かれている。

 

今回もはっちゃけつつ、一方で恋愛模様は着実に面白くなってきている楽しい1冊でした。
4巻も期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。