デート・ア・ライブ アンコール3


『デート・ア・ライブ アンコール3』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ アンコール3<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール3<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年12月刊。
短編集第3弾。
カラー口絵の十香のサンタVerが可愛すぎて狂おしいほど好きです (*´罒`*)

☆あらすじ☆
精霊たちにメリークリスマス!
「そ、そうだな……いい子にしてたら来るかもな」クリスマスプレゼントを期待する十香たちのため、士道がサンタとして奔走する。そしてとある理由により、サンタ狂三も聖夜に顕現!? 短編集第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

士道が美九の一日マネージャーに就任するエピソード。
ライバル朝倉日依との意外な繋がりにほっこりしました。

 

 

士織ちゃん再登板!
ペナルティって、士道のハーレム自体がたまにめっちゃペナルティと化してる気がするのは気のせいでしょうかw
それにしても、士道のヒロイン力はもしかしてデアラで一番なのでは(;`・ω・)

 

 

七罪&四糸乃のロリコンビが可愛すぎて可愛すぎて(´∀`*)
四糸乃アダルトVerは美人さんでしたが、彼女にはいつまでもロリっこでいてほしい。

 

 

実の兄がハーレム野郎だと知ってしまった妹はどうするのか、というエピソード。なるほど妹的にはそういう答えが正解なのか。
いや本編も割とそっちのゴールしか見えてませんが。一生お世話していくことになるのかな?
さりげに登場した五河家の隠しカメラに恐怖ww

 

 

ちょっと狂三さん可愛すぎじゃないですかねー!?
なんとか失態を取り繕うと必死な狂三さんにトキメキましたw

 

 

クリスマスエピソードは本編で使わずにここで登場するんですね。
クリスマスを前にして色っぽい雰囲気にならずに保育園っぽくなるのは流石デアラ。
オチ担当はいつもの折紙でしたが、これって11巻のあとの話なんですよね。変わってないww

 

 

デアラのメインヒロインは狂三だったのか・・・・・・。まさか唯一クリスマスっぽい雰囲気を出すのが彼女になるとはw
短編の狂三の可愛さは天井知らずですね。
あとやっぱり色々患ってたのかw
甘ロリ→包帯→眼帯ときて、今はゴスロリなんですね。
黒歴史が常に目の前に現れる能力ってのも考えものだなぁ( ‘ω’ )

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。