対魔導学園35試験小隊 Another Mission


『対魔導学園35試験小隊 Another Mission』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

対魔導学園35試験小隊Another Mission (ファンタジア文庫)
対魔導学園35試験小隊Another Mission (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
アニメ放送中ですねー。なかなかの駆け足。
放送期間中に新刊出るとは思っていましたが、なんと初の短編集でした。
本編はシリアス度が強いので、懐かしき学園生活の日常は良い息抜き。面白かったです!

☆あらすじ☆
雑魚小隊のにぎやかな学園生活&小隊活動記録を綴る初の短編集!
今日も学年ランキング最下位の雑魚小隊。業を煮やした桜花が合宿(温泉つき)を提案したり、水着姿で海での小隊活動に勤しんだり……と、進級ポイントのために奮闘するが!? 中学時代を描いた書き下ろしも収録!

以下、ネタバレありの感想です。

 

不甲斐ないザコ小隊の性根をたたき直すため、今、優等生桜花が立ち上がる!なエピソード。
訓練中の桜花がガチすぎて笑いましたw 相変わらず負けず嫌いww
これは相当根に持ってたんだろうなぁ。
最後、完全に色々騙されているんで、彼女はサバイバル技術の前に常識を身につけたほうがいいと思うのですがどうでしょう。

 

いつも酔っ払ってるようなザコ小隊が泥酔したらどうなるの?なエピソード。
みんな酒癖悪すぎる。とくに斑鳩は意外でした。滝行にくっそ笑ったww

 

タケルとマリのドキドキ遊園地デート!・・・・・・かと思わせて予想外にシリアスだったマリの過去エピソード。
子ども達の話はマリ回以来出てきてませんでしたが、やはり彼女の心を深く傷つけていたのですね。
家族を失ってしまったマリだけど、今ひとりじゃないというのは救い。
そして傍にいるのはタケルだけじゃない、「仲間」が一緒なんだよっていうのは、やっぱりこのシリーズの魅力的なところだと改めて思いました。

 

みんなで楽しく海水浴なエピソード。
タイトル通りクレイジーに振り切った短編でしたが、タケルのスク水知識にめっちゃ笑いましたw なんでそんなに詳しいww
「分析を完了」じゃないよ!

そして心に響く名言も生まれました・・・・・・。

「巨乳にもなれないしロリにもなれないただの貧乳のあたしはどうすればいいのよ・・・・・・!」

泣いた。

 

そういえばドラグーンってロボットだったな、と。
エヴァ的乗り物だったんですね。どらぐーん。
なんかドラグーンに乗り込んで闘うロボットものとしても面白そうだったかも。
この短編の斑鳩がめっちゃ可愛かったです。なんだかんだ彼女が一番タケルを繊細に気遣ってるような。まぁ間違えてましたけれどw

 

中等部時代のタケルはどんな子だったの?な回想エピソード。
なんというか、とっても痛々しい子でしたw
そしてこんなにバカだったのか。足し算かけ算の話が面倒くさすぎて私だったら頭叩きそう。
中等部時代のタケルと斑鳩の距離感にニマニマしつつ、最後のオチは可愛すぎて悶死しそうでしたw

 

 

なんだかマリのひんぬーアピールとタケルのむっつりスケベ3割増しな短編集でした。めっちゃ笑ってスッキリ!
本編再開も楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。