君と時計と嘘の塔 第一幕


『君と時計と嘘の塔 第一幕』(綾崎隼著/講談社タイガ)★★★★☆

君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)
君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
親友の消失に気づいた高校生が、変人な協力者を得てその謎に迫る物語。
タイムリープミステリーであり、まだまだ物語は動き出したばかりですが、伏線の張り方が絶妙に好奇心を刺激してくる作品でした。
反抗期というにはあまりにも無様で身勝手な主人公にはヘイトがたまりますが、人間臭い青春劇とSFが入り交じるストーリーはとても好み。
かなり気になるところで終わってしまいましたし、この続きが無性に気になります!

☆あらすじ☆
大好きな女の子が死んでしまった――という悪夢をみて起きた朝。高校の教室に入った綜士は、ある違和感を覚える。唯一の友人である一騎が、この世界から「存在が消されている」という事実にひとりだけ気付くのだ。綜士の異変を察知したのは、『時計部』なる部活を作って時空の歪みの真相を追いかける千歳先輩と、破天荒な同級生の雛美。3人はこの世界で起きているタイムリープの謎を解こうと奔走をはじめる!

以下、ネタバレありの感想です。

 

かつて自分がついた卑劣な嘘によって傷つけた女の子に対し、叶わない恋をしている高校生杵城綜士
その女の子・折原芹愛が死んだところで終わる長い夢から覚めた綜士は、やがて唯一の親友・海堂一騎の存在を誰も覚えていないことに気づくのです。

戸惑う綜士の前に現れたのは天才変人留年生・草薙千歳と、綜士と同じ体験をしたことがあるという自称タイムリーパー・鈴鹿雛美

千歳の説明によって「時震」という現象の存在を知り、雛美の体験談により一騎の消失が「綜士が芹愛の死に絶望したこと」によるタイムリープの代償であると考えた綜士は、二人の協力を得ながら、芹愛の死を食い止めるために奔走する・・・・・・というのが本作のストーリーです。

 

あらすじ説明っぽく書きましたが、これで全てな第1巻なんですよね(;`・ω・)

 

タイムリープと代償の話が出てきた段階でそうなるとは思っていましたが、やはり本作はタイムループものなんですね・・・・・・。
芹愛の死を回避するためにアレコレ画策する綜士達の奮闘も虚しく、避けられなかった結末。
こんなきつい展開があと何度続くのかとてもハラハラします。

 

結末についてはある意味既定路線でしたが、それ以外は予想以上に興味深いストーリーだった本作。
特に各所に配置された伏線が気になります。特に雛美のついた嘘彼女は何を知っていて何を隠しているのでしょう。
雛美自身に起こったタイムリープにもまだ何か秘密がありそうな予感。

他にも芹愛の死の真相だって気になりますし、千歳にも明らかになっていない事情があったもおかしくない。
うーん、まだまだ謎が多いなぁ。
伏線が意味深すぎて早く回収してほしくてたまりません。

 

ラストは衝撃の展開へ。
まぁ、結末が既定路線なら、その代償としての「身近な人の消失」もまた然りなのですが。
でもなぁ・・・・・・。
母親に対する綜士の態度は本当に苛立っていたものの(芹愛に対する妄執じみた恋もアレですが、それ以上に家庭内での態度は本当に許しがたい)、こんな結末は辛すぎる。
消失した人は本当に戻らないのでしょうか(´・ω・`)
というか、この調子でループしたら次は千歳な気が・・・・・・。

 

面白くてあっという間に読み終えたものの、まだまだプロローグ。きっとこれから更に面白くなるに違いない!
2巻発売がとても待ち遠しいです(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。