セイクリッド・クロニクル2


『セイクリッド・クロニクル2』(御子神零著/GA文庫)★★★☆☆

セイクリッド・クロニクル 2 (GA文庫)
セイクリッド・クロニクル 2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
六大凶殺のひとりゼノビア回。
シリーズとして良いテンポで進んでいますが、レキとマリアのバカップルぶりも加速していて劇甘注意。
それにしてもマリアの痴女化が止まらないなーww
ポンコツ可愛かったです(´∀`*)

☆あらすじ☆
戦乙女vs.六大凶殺!! レキ争奪戦の幕開け!?
「私の元から去るというのなら、ここでその命を置いていけ!」
レキ生存を知ったゼノビア達「六大凶殺」全少女が、レキを追ってミーミル士官学校に留学してきた―。
「今の僕には君達を殺す覚悟がある」
レキは元仲間との戦いを決意するが、マリアも六大凶殺に対抗して士官学校に編入!?譲れない想いを秘めた乙女達による【レキ争奪戦】が勃発!!一騎討ち、料理対決、さらにはお風呂対決(?)など、様々なバトルを制し、マリアは『六大凶殺』からレキを護り抜くことが出来るか!?
「私は、誰にも負けないほど、レキ君を愛しています!」
最凶の暗殺者と最強ヒロイン達が紡ぐファンタジー英雄譚、第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

レキの元同僚「六大凶殺」のメンバー全員がミーミル士官学校に留学&マリアも編入、という第2巻。
マリアはてっきり色ボケして編入かと思っていたら、ちゃんと真面目な監視任務だったので驚きました←
仕事してた!

 

・・・・・・仕事してた?

 

なんかもう家だけじゃなく学校でも人目を憚らずイチャイチャし始めてるんですが。
TPOとは。毎回毎回ラブラブ空間に乱入しちゃった人の気持ちも考えてー!

 

そして止まらないマリアの痴女騎士化。
ペロペロめっちゃ笑いましたw理性との戦いに負けるの早すぎるww
制服のときみたいにここで誰かが乱入しなかったのは、なけなしの矜恃を守るための神様(作者)の配慮だったのかな・・・・・・

そんな感じで今回もマリアのポンコツっぷりが大暴走していましたが、ラストのゼノビア戦は格好良かったです。
「守られるヒロイン」と「自ら戦うヒロイン」の2つの顔があるからマリア。こういうヒロインやっぱり好きだなぁ。

 

マリアのキャラが強烈すぎてうっかり本編の内容を忘れかけてしまうレベルですが、今回はゼノビア回。
シリーズの方向性としては、六大凶殺を一気に仲間にするわけではなく、ひとりひとり説得していく感じなのでしょうか。
レキの仲間たちを切り捨てられない優しさが印象的だったので、全員を無事に取り戻せたら良いなと思わずにいられないです。

 

ゼノビアに関しては、母親を介してのマリアとの関係がとても意外でした。
途中から愛称で呼び合ったりして親友になりそうな空気を出してはいましたが、なるほどこうなるかぁ。
マリアとゼノビアのコンビが可愛かったので、二人セットで活躍する場が増えたらいいなぁと期待してます(/ω・\)チラッ

 

エピローグはまた気になる引き方を・・・・・・(;`・ω・)
次はオディール&サーシャ回になるのかな?

3巻も期待しています!(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。