デート・ア・ライブ10 鳶一エンジェル

『デート・ア・ライブ10 鳶一エンジェル』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

デート・ア・ライブ10 鳶一エンジェル<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ10 鳶一エンジェル<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻までの感想はこちらから


2014年3月刊。
ついに折紙回!
シリーズとしても大きく物語が動き出した気配?
それにしても今回は辛い話でした・・・・・・。

☆あらすじ☆
五年前、目の前で精霊に両親を殺された少女―鳶一折紙。あの日から、少女の存在意義は両親の仇を討ち、この世界から精霊を滅ぼすことに変わった。数年後、魔術師となり精霊と戦う力を得た少女は、自らの無力さを呪う。精霊を殺すためには、さらなる力を。その想いは叶えられ―。「あなたを巻き込まないためには、これがもっとも確実性の高い方法」「一体何にだよ!」「―私と、精霊の戦いに」彼女にとって唯一特別な存在、五河士道を監禁し、精霊たちを殺す悲願を叶えるため、戦場へと向かう折紙。戦争を止めるため、精霊を憎む少女をデートして、デレさせろ!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ10 鳶一エンジェル

デート・ア・ライブ2〜9 感想まとめ

デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

以下、デート・ア・ライブ2巻から9巻までの感想をまとめて。
例によって読書メーターのメモをまとめただけですが(;`・ω・)

 

続きを読む デート・ア・ライブ2〜9 感想まとめ