イレギュラーズ・リベリオン2 水炎共鳴


『イレギュラーズ・リベリオン 2.水炎共鳴』(尾地雫著/GA文庫)★★★☆☆

イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴 (GA文庫)
イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
シスリーネ回。
というより、1巻でようやく殻を破った第29部隊が本格始動する回といった感じですね。
シリーズものとして良い具合に話が広がってきました。
大きな敵が登場し、主人公自身の秘密も何やら気になる感じ。そしてラストには衝撃の展開。
これは3巻にも期待したい!

☆あらすじ☆
部隊最大の試練を前に、落ちこぼれ部隊は新たなステージに到達する!王道バトルファンタジー第二弾!
「マロン、裸エプロンで誘惑を!」「今日の朝ご飯は、あ、た、し(ハート)」「何やってるのよ、あんたたち!?」
シスリーネに唆されて過激なアプローチを繰り返すマロンに、それを阻止しようするサヤ。魔人討伐後、ハンティスたち第29部隊は騒がしくも順調(?)な日々を送っていたが――
「貴様ら第29部隊は解散だ」
今までの成績が原因で解散の危機に!?存続のためには、一定の条件をクリアしなければならないという。しかし、部隊存続をかけて、任務で訪れた廃坑道には、堕章霊を引き連れた妖艶な美女がいて……。部隊最大の試練を前に、落ちこぼれ部隊は新たなステージに到達する!王道バトルファンタジー第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

冒頭からサヤとルームメイトになる展開に笑いましたw
ちょっと無理矢理すぎない!?いや、王道だし好きな展開だから良いんですけど |ω・)

大好きなサヤと同室になってドキドキするハンティスの可愛かったのですが、前巻で盛大にかましたハンティスの告白はサヤの中でどうなってるんでしょう?
前巻ラストの感じのまま流されちゃったのかなぁ。残念。

寝相とかストーキングとかちょいちょい出番はあったものの、今回は全体的にサヤの影が薄くて寂しかったです。
次巻からメインヒロインに復帰してほしいなぁ。

そういえばマロンも割と出オチでしたね・・・・・・。

 

まぁ今回はシスリーネ回だから他ヒロインが後ろに追いやられるのは仕方ない。
百合&変態超理論の変わり種でしたが、意外としっかりヒロインやれていて驚きましたw
シオンとの確執というかシスコンこじらせて実力を隠していたことなんかを知ると、シスリーネが可愛く見えてくるんだから不思議なものです。

それにしてもシオンは良いキャラしてたなぁ。シスリーネよりもシオンの方が好きかもしれない。泣くなww

 

シスリーネの事情を絡めつつ、今回の本題は第29部隊解散の危機&謎の女・メデューサとの遭遇戦。
このへん微妙に散らかっていたようにも思えましたが、勢いがあって楽しかったです。

 

定期戦はあっさり勝ち抜けてしまって物足りなさも感じましたが、新生第29部隊がすでに落ちこぼれではないことと、聖騎部祭への布石だと考えればこんなものなのかも。
きっと聖騎部祭を(何のかんのあって出場して)ガッツリやってくれるはずと期待しています。

 

メデューサについてはすっかり忘れてましたが、1巻の魔物騒動の黒幕ですよね?
彼女自身も雇われっぽいのが気になりますが、彼女の仕事が何を目的としたものなのかも謎のまま。これは長い付き合いになりそうな予感。
ハンティスを知ってるっぽいのも気になるんですよねぇ。ハンティスにどんな秘密があるのか。

 

そして最後は衝撃の展開。
リースって、死んだんじゃ・・・・・・?((((;゚Д゚))))
今回のバトルでようやくリースからの精神的自立を果たしたハンティスが、この事実によって一体どうなってしまうのかとても気になります。

 

2巻になってますます面白くなってきました。
3巻も楽しみです!!(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。