MOE 召喚しませ!おとめなえいたんご


『MOE 召喚(め)しませ!おとめなえいたんご』(旭蓑雄著/電撃文庫)★★★★☆

MOE―召喚しませ!おとめなえいたんご (電撃文庫)
MOE―召喚しませ!おとめなえいたんご (電撃文庫)

2015年11月刊。
面白かったー!!
英単語+MMORPG+萌え+謎解きパズルな異色のファンタジー。
主人公の暴走具合にちょっと引きつつも(w)、読み応えのある謎解きにワクワクさせられる作品でした。
テンポの良い地の文と軽妙な掛け合いも最高。ひたすら声出して笑ってました。はぁ楽しかった!
ところでこのゲームのリリースはいつですか?私の英語アレルギーもこのゲームがあったら・・・・・・

☆あらすじ☆
「死ね。爆発しろ」そう毒吐く彼女の名前は、explode。固有のAIを備え、美少女に擬人化された“英単語”。それが彼女の正体。ヴァーチャルリアリティのMMORPGゲーム『えいたんご☆ますたあ』世界における屈指の人気キャラクター。設定年齢は11歳、子供っぽくて、ちょっとだけ焼きもち焼き。能力は「爆発」。要するに、僕の嫁だ。ああ、どんな単語より、お前が一番可愛い!だけど彼女はまだ誰も手に入れていない、超レアキャラ。explodeの単語を入手できる超難関クエストが立ちはだかる!召喚された少女の能力と己の英語力を駆使して戦え!萌えて英文法に強くなる、素晴しきMMOライフへようこそ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

美少女に擬人化された英単語を集めるブラウザゲーム『えいたんご☆ますたぁ』によって、英語が日本人の苦手科目ではなくなってしまった未来。
・・・・・・そんな未来に私も生まれたかった(´;ω;`)

 

主人公エイタは、【explode】(〜を爆発する)をこよなく愛する高校生。
リリースされたばかりのVRMMORPG『えいたんご☆ますたあ@Vあーる』で次元の壁を越えて嫁を愛したいエイタは、超難関のexplode入手クエストに挑むことになる、というのが本作のストーリーです。

 

このエイタの萌えオタっぷりが本当に笑うww
むしろ愛が暴走しすぎてドン引きです(^^;)
序盤早々に幼女誘拐を成し遂げた彼は、紛う事なき犯罪者予備軍でした。いや犯罪者か。事案発生。

 

とはいえ、explodeにハスハスしてるだけのオタクではないのがエイタのすごいところ。
explodeの入手クエストで、英語に絡む複雑な謎を解いていくのは専らエイタの役回り。
こんなの高校1年生の知識量じゃない!とか思ったものの、謎が聖書絡みだし、中二病をこじらせていたらこういう知識が豊富になるものなのかな?
いやいや、それにしたって頭の回転早すぎでしょ。すごすぎです。

 

それはさておき、謎解きパートの読み応えは素晴らしいものでした。
少しずつ段階を踏んで暗号を解いていくのって、読んでいるだけでもめちゃくちゃ楽しい。
私は自分で謎解きできるタイプじゃないんですけど、こうすれば解ける!って分かった瞬間の爽快感はクセになります。
ほんと良く出来た構成でした・・・・・・いろは歌のことなんかすっかり忘れてたのに。

でもこんな鬼畜難易度のクエスト、私だったら途中でゲームごと投げてしまうだろうな(´-ω-`)

 

英単語を駆使したバトルパートも面白かったです。
単語を集めて構文作ってバトルとか。これをプレイすれば確かに英語を楽しく学べそう。
今からでも遅くはない。ぜひリリースを・・・・・・!D●Mさま!

 

ストーリーと謎解きも面白かったのですが、キャラもとても生き生きしていて魅力的。
萌え豚VS腐女子の仁義なき戦いはひたすら笑ってましたwwクイーンの「ひらめいた」がww
キャラ同士の掛け合いが本当に軽快で楽しかったです。

 

エイタの仲間も素敵だったのですが、「彼女」の正体については初登場時はユウだと思ってたんですけどねぇ(・ω・;)
ユウじゃないの!?なんで途中からアニさんが乙女っぽくなってるの!?と思ったら。あー、なるほどー。

 

オチは途中で察したものの、やたら可愛い締め方でニヤニヤしてしまいました(´∀`*)
エイタはもう2.5次元で手を打ったらいいんじゃないかなー?

 

このふたりがこれからどうなるのか気になるので、シリーズ化を希望します(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。