乙女な王子と魔獣騎士2


『乙女な王子と魔獣騎士Ⅱ』(柊遊馬著/電撃文庫)★★★☆☆

乙女な王子と魔獣騎士 (2) (電撃文庫)
乙女な王子と魔獣騎士 (2) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
魔獣の騎士と男装王女の物語第2弾。
種族的に相容れないふたりのラブストーリーとして、かなり面白い方向へ物語が進んでいます。
この調子で頑張ってほしいシリーズです!

☆あらすじ☆
王を襲う暗殺者を撃退した功労者として、予期せずかつての嫌われ者の立場から一転、憧れの騎士生として英雄視されるようになってしまったジュダ。慣れない周囲の反応に居心地の悪さを覚えるそんな中、男装王女ラウディの元フィアンセ・ソフィーニア王女が、エイレン騎士学校を訪れた。その目的は…ラウディ王子との復縁。あの手この手を使って、ラウディの気を引こうとするソフィーニア。その一方でジュダは、決して知られてはならない、ラウディが女性であるという秘密を守るべく、彼女の騎士として奔走する。だが、ジュダの尽力をあざ笑うかのように、別の魔の手がラウディに迫り―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

魔獣スロガーヴであるジュダと、その天敵である男装王女ラウディ。
過去のしがらみはひとまず解決したとしても、体質的に触れあえない二人がどういう関係を築いていくのか。
それが楽しみな作品だったのですが、無事に第2巻が発売されて良かったです(´∀`*)

 

今回は、ラウディに恋する元婚約者ソフィーニアが登場して騒動を起こしていく、というストーリー。

 

ジュダは主人公なのに当て馬に使われていて笑ってしまいましたw
まぁその実態はソフィーニアこそが当て馬だったわけですけど。
ヤキモチ焼くラウディが可愛いかったです。あとサファリナはデレすぎww

 

ソフィーニアについては、最初の夜這い騒ぎからこの子やばいと思っていたのですが終盤はちょっと可哀想なことに。
ラウディが女である以上、彼女の失恋は既定路線。
とはいえ、何もあんな形で真実を知ることになるとは(´・ω・`)
全部黒幕が悪い。その黒幕の正体は予想外でした(侍女だと思ってたら・・・・・・)
まぁラウディ暗殺については他にも何かありそうですし、ここらへんは次巻以降の展開を待ちたいところです。

 

期待していたジュダとラウディについては、かなり好みな方向に進んで満足。
ラストシーンはとても素敵でした。騎士の誓いって感じがして。
体質の問題は何も解決していないしジュダの秘密もそのままだし将来的に結ばれるのも難しそうですが、ふたりの絆だけは着々と強くなっていくのがとても良いです。
ラウディの乙女な感じにニヤニヤするw

 

ただ前巻からすごーく気になっていたんですけど、ラウディは本当に男のフリをしたまま王様になるのでしょうか?
結婚とか後継者とかどうするのでしょう?
てっきり事情を知ってる女性に王妃の振りをさせて、秘密裏に王婿と結婚する方向にいくと思っていたのですが・・・・・・その可能性は今回で潰れちゃいましたし。
ソフィーニア、丁度良い相手だと思ったんですけどねぇ。

ラウディが国を継がないと亜人問題が大変になるというのはわかるんですけど、後継問題が気になって仕方ありません。

 

追々そこらへんの説明があるのでしょうか?
ラウディがなぜ男として育てられたのかという理由がまだ明らかになってませんし(私が読み飛ばしてなければ)、そこらへんに関係してるのかなとは予想しているのですが。

何はともあれ3巻にも期待しています!

乙女な王子と魔獣騎士 (2) (電撃文庫)
柊遊馬
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。