竜は神代の導標となるか3


『竜は神代の導標となるか3』(エドワード・スミス著/電撃文庫)★★★☆☆

竜は神代の導標となるか (3) (電撃文庫)
竜は神代の導標となるか (3) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
ヴェーチェル同盟包囲網ができて女傑登場の第3巻。
今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
ヴェーチェル領を掌握し、カイはついに領主にまで上り詰める。郡主の子が領主になった例は皆無。この快挙は王国が大きく変わりつつあることを世に知らしめるのだった。だが、安息の時はない。東部一の勢力を誇る領督スコット・クロンダイクが、カイたちヴェーチェル同盟に宣戦布告をするのだった。王国に鳴り響く猛将バネッサ率いる精鋭クロンダイク軍と同盟は激突する。竜に乗る騎士たちが戦場を疾駆し、矛を交える。華々しい英雄譚が幕を開ける!百戦錬磨のバネッサはやはり只者ではなかった。硬軟を使い分ける戦略に、同盟軍は劣勢を強いられるが!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

東部ではヴェーチェル同盟に対する包囲網が形成され、クロンダイク家の猛将バネッサとカイが激突。
南部では鋼鉄王ウィリアム・ボイルドが大暴れ。
そして西部では・・・・・・という戦線拡大な第3巻。

 

今回はとにかくバネッサに全てを持って行かれたような巻でした(;`・ω・)
女傑すぎる。かっこいい・・・・・・!
バネッサによって散々苦戦させられましたが、なんだか憎めない魅力的なキャラなんですよね。再登場に期待!

 

バネッサ戦で、ヴェーチェル同盟がまた一団と結束を高めたのも良い流れ。
特に父親世代の大活躍が最高でした。オッサンが活躍するラノベは良いラノベ。

まぁ絶妙に煽ってくるバカ姫にはイライラさせられましたけどね。
エレナの叱咤に胸がスッとしましたw

 

バネッサ戦以外については準備回みたいな印象だったのですが、段々戦況が複雑化していますね。
そろそろ地図と人物相関図がほしい(´ε`;)
南部と西部の動きが気になりますねぇ。特に鋼鉄王が。カイたちとぶつかったりするのでしょうか。

 

そういえばカイ、エレナ、アンジュの関係がよくわかんなくなってきました。
「愛人」のふりじゃなくて本当に愛人なんですか?うーん?
ダブルヒロインにするにしてはアンジュの存在感が微妙に薄い裏方っぽさが気になります(いや、それでいいのか?)
まぁ愛人云々はともかく、安定した関係ではあるようですが。
カイとエレナのバカップルっぽさが好きなのに、アンジュの存在で心から楽しめない・・・・・・正妻が妾を許すパターンあんまり好きじゃないんですよね(´・ω・`)

 

最後は気になる引き方でした。次は西部と南部の戦い?
4巻も楽しみです!

竜は神代の導標となるか (3) (電撃文庫)
エドワード・スミス
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
スポンサーリンク
 
0

「竜は神代の導標となるか3」への2件のフィードバック

  1. 今回の面白さは今までで一番でした(^O^)

    父親世代が完全に主人公世代食ってましたね。
    冷静な策士タイプのヒューゴがヒャッハーしてたのは面白かったですが、彼の半生を考えれば、ようやく巡ってきたヒノキ舞台なのでその気持ちは充分察せられますし、一連の逆転劇は爽快でした。

    バネッサはどうなるんですかね。あとがきのアレは味方化フラグでしょうか?笑

    あー、正妻と妾はお好みではないんですね(´・_・`)
    実は1巻が出た後、ぜひ続刊して欲しかったので、「エレナとアンジュの同時攻略ルート希望」って書いて送っちゃいました(>_<)笑

    1. S.T.さん、コメントありがとうございます!

      父親世代はめちゃくちゃ格好良かったですね!というか今回はバネッサ含めて活躍キャラの平均年齢がめちゃくちゃ高かったようなw
      バネッサは味方になったら楽しそうとも思いますけど、このまま魅力的な敵役でいてほしいような・・・・・・悩ましい!

      アンジュがヒロイン化したのはS.T.さんのご希望が通っていたんですねw
      私は正妻と妾よりも正妻一筋でバカップルしてくれる方が好きですねー。
      ただ、こういうタイプの話だと結局ダブルヒロインふたりとも好きになって「どちらかが選ばれなくて不幸になるなんて耐えられない・・・・・・みんな幸せにね・・・・・・!」とか思ってしまうタイプでもあるんですが(/ω・\)

      まだエレナほどアンジュに思い入れができていないので、アンジュの出番(裏方じゃなく)がもうちょっと増えると良いなぁと思ってます( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。