おきつねさまのティータイム


『おきつねさまのティータイム』(高村透著/メディアワークス文庫)★★★☆☆

おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)
おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)

2015年10月刊。
人に化ける狐と詐欺師の青年の物語。
ほっこりできるカフェものだと思って読んだのですが、ほっこり要素がほとんどなくて驚きました。むしろ結構エグみが強い感じかも。
特に主人公のキャラが予想外すぎました(;`・ω・)
3章立ての物語で話としてはまとまっているものの、ここで終わると色々と苦い後味。
紅茶の蘊蓄多めなライトミステリとして面白かったので、続きが出ることを期待しています。

☆あらすじ☆
心休まる洒落た雰囲気の紅茶専門店マチノワでは、女の姿に化けた狐が紅茶を出してくれるという―。実は彼女、紅茶を淹れるのが苦手。客に紅茶を淹れるのは、もっぱら尼子拓巳という青年の役割だった。そんな店を訪れるのは、悩みやトラブルを抱えた客ばかり。お節介焼きの狐と、そんな彼女に呆れつつもフォローする拓巳なのだが…。これは、人を騙すことがきわめて下手な狐と、人を騙して生きてきた詐欺師との、嘘と紅茶にまつわる物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

 

第一話 嘘の紅茶

人に化ける狐・トウカと、求職中の青年・尼子拓巳が出会い、ふたりで老婦人から託された紅茶専門店マチノワを再開することになる、というエピソード。

ライトミステリ部分は紅茶に関する豆知識がたくさん詰め込まれていて、読み応えがあって面白かったです。

うん。ミステリパートは良かったんです。
あと尊大な態度だけどドジッ子なトウカさんも良かったんです。

問題は主人公。

ちょっと毒舌だけど柔和な雰囲気のある拓巳が隠していた秘密。
終盤で彼の素顔が明らかになった瞬間は唖然としてしまいました。
誰この怖い人((((;´・ω・`)))

いや、あらすじに「人を騙して生きてきた詐欺師」とあったので複雑な過去持ちだとは推測していたんですが過去じゃない、だと・・・・・・!?

元詐欺師・現地上げ屋のパシリとか、エグいキャラ付けした主人公ですね。これって足洗ったことにならないのでは。
いずれ潰すつもりの店で働き始めるとか今後どうなるんだろう、とやたらハラハラさせられる第一話でした。

 

第二話 けれど人は忘れて生きてゆく

拓巳がさらに怖い顔を見せる第二話。
かつて別れた男女の再会、とかいうほっこりを期待させる幕開けをするくせに、女側の隠していた事情もそれを暴き出した拓巳の行動も全然ほっこりしないんですけど(´;д;`)

しかし紅茶関係のライトミステリは面白いし、暗躍する拓巳とそれをお人好しと勘違いするトウカは可愛い。

ううむ。このエピソードの結末も含め、全く心温まる物語ではないのですが、トウカが良い具合に物語を明るくしてくれるんですよね。
そこだけは癒やされました。

 

第三話 その面影に紅茶は浮かぶ

徐々に明らかになる拓巳の事情。
そしてトウカと過ごす日常の中で少しずつ変わっていく拓巳。

二面性が強すぎて怖さばかり気にしてしまいましたが、拓巳ってたぶん根はいい人なんですよね。自己嫌悪が凄まじい人であることは最初から明らかでしたし。

お兄ちゃんの狙いも何だか哀しいものだったし、この兄弟がどうにか救われるといいのですが。

 

 

最初に予想していた紅茶系ライトミステリとしては蘊蓄多めでとても面白い作品でした。
ほっこりカフェものではなかったけれど、拓巳がこれからどう変わっていくのかとても気になります。
ぜひシリーズ化してほしい!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。