おきつねさまのティータイム

『おきつねさまのティータイム』(高村透著/メディアワークス文庫)★★★☆☆

おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)
おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)

2015年10月刊。
人に化ける狐と詐欺師の青年の物語。
ほっこりできるカフェものだと思って読んだのですが、ほっこり要素がほとんどなくて驚きました。むしろ結構エグみが強い感じかも。
特に主人公のキャラが予想外すぎました(;`・ω・)
3章立ての物語で話としてはまとまっているものの、ここで終わると色々と苦い後味。
紅茶の蘊蓄多めなライトミステリとして面白かったので、続きが出ることを期待しています。

☆あらすじ☆
心休まる洒落た雰囲気の紅茶専門店マチノワでは、女の姿に化けた狐が紅茶を出してくれるという―。実は彼女、紅茶を淹れるのが苦手。客に紅茶を淹れるのは、もっぱら尼子拓巳という青年の役割だった。そんな店を訪れるのは、悩みやトラブルを抱えた客ばかり。お節介焼きの狐と、そんな彼女に呆れつつもフォローする拓巳なのだが…。これは、人を騙すことがきわめて下手な狐と、人を騙して生きてきた詐欺師との、嘘と紅茶にまつわる物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おきつねさまのティータイム

いでおろーぐ!2

『いでおろーぐ!2』(椎田十三著/電撃文庫)★★★☆☆

いでおろーぐ!2<いでおろーぐ!> (電撃文庫)
いでおろーぐ!2<いでおろーぐ!> (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年7月刊。
反リア充運動家の集まりのはずが、こいつらどう見てもリア充だろ!って思わずにいられない第2巻。
面白かったですけど、リア充爆発しろ!!

☆あらすじ☆
今度は温泉で反恋愛活動!? リア充爆発アンチラブコメ第2弾登場!
『バレンタイン粉砕闘争』での失策により、学園内での支持を失った反恋愛主義青年同盟部。生徒啓蒙の為に議長の領家が始めたのは、「我々は、反恋愛のためのプロパガンダ映画を制作する!」 反恋愛宣伝映画を制作するという領家の思いつきに巻き込まれた彼らは、生徒会が主催するスキー合宿へロケに行くことに! もちろん夜はみんなで温泉へ!? 「そこのスキー場でいちゃつく男女! 爆発しろ!!」(領家) 「君の妹を絶対に振り向かせてみせる」(瀬ヶ崎) 「温泉……女湯……大好き」(西堀) 「旅ってさ……なんかわくわくするよね!」(神明) 果たして映画は無事完成するのか? 今回も反恋部の進撃は止まらない! リア充、徹底的に爆発しろ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いでおろーぐ!2

2015年10月のおすすめライトノベル

11月も10日以上過ぎて今さらなのですが、先月読んで特に面白かった作品をまとめていこうと思います。

ちょっとバタバタと忙しかったり、忙しさを抜けたら必死に積読崩してたりしていてすっかり忘れていました(;`・ω・)
いかんいかん。継続大事。

言い訳はこのへんで。
それでは以下をどうぞ!

続きを読む 2015年10月のおすすめライトノベル