ケーキ王子の名推理

『ケーキ王子の名推理〈スペシャリテ〉』(七月隆文著/新潮文庫NEX)★★★☆☆

ケーキ王子の名推理 (新潮文庫nex)
ケーキ王子の名推理 (新潮文庫nex)

2015年10月刊。
ケーキが大好きな女子高生とパティシエ修業中の男子高校生の青春小説。
ミステリ要素はかなり軽く、どちらかというと少女漫画のノベライズかな?と思うくらいの少女漫画感。集●社系の。そしてちょっと懐かしい感じの。
個人的にはもうちょっとミステリパートに読み応えがほしかったのですが、青春小説としては軽く楽しめる良い作品だったと思います。

☆あらすじ☆
バカがつくほどケーキが大好きな女子高生・未羽。失恋のかなしみを癒すため訪れた自由が丘のケーキ屋で、パティシエ修行をしている学校一のイケメン王子、颯人に遭遇。これは早くも新しい恋の予感?いやいや現実はケーキほどには甘くない。彼は噂に違わず超冷たい。が、夢への想いは超熱い。他人の恋やトラブルもお菓子の知識で鮮やか解決。ケーキを愛する二人の青春スペシャリテ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ケーキ王子の名推理

いでおろーぐ!

『いでおろーぐ!』(椎田十三著/電撃文庫)★★★★☆

いでおろーぐ!<いでおろーぐ!> (電撃文庫)
いでおろーぐ! (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年3月刊。
アンチ恋愛!アンチリア充!アンチラブコメ!
恋愛至上主義への壮絶で爆走した批判を繰り広げ、アジりまくるヒロイン。そしてちょっとした思惑をもって彼女の運動を支える主人公。
そんなふたりの反恋愛運動と、その裏で思いきり進むラブコメ展開が面白い作品でした。
リア充と恋愛を否定する彼はは、果たして恋をするのかしないのか。
ちょっともどかしさがありつつ、騒がしくて楽しいところが気に入りました。続きも読もう!

☆あらすじ☆
全ての恋愛は幻想である!? リア充爆発アンチラブコメ!
「恋愛を放棄せよ! すべての恋愛感情は幻想である!」 雪の降るクリスマスイブ、カップルだらけの渋谷。街の様子に僻易していた平凡な高校生・高砂は、雑踏に向かってそんなとんでもない演説をする少女に出会った。 「我々、反恋愛主義青年同盟部は、すべての恋愛感情を否定する!」 彼女の正体は、同じクラスの目立たない少女、領家薫。演説に同調した高砂は「リア充爆発しろ!」との想いを胸に、彼女が議長を務める“反恋愛主義青年同盟部”の活動に参加する。やがて集まった仲間とともに『バレンタイン粉砕闘争』への工作を着々と進めるのだが――!? 「我々は2月14日、バレンタイン・デーを、粉砕する!」 そして今、ついにその日を迎える――!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いでおろーぐ!