悪魔な妃の危険な婚姻


『悪魔な妃の危険な婚姻』(宮野美嘉著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

悪魔な妃の危険な婚姻 (ルルル文庫)
悪魔な妃の危険な婚姻 (ルルル文庫)

2015年10月刊。
怪力の呪いのために臆病な性格になってしまった王女と、そんな彼女と政略結婚した女嫌いの王様の物語。
「馴れ合わない」宣言からの急転直下な展開に唖然としつつ、終始にやにやさせられっぱなしでしたw
あまりにも自然にいちゃつくから「馴れ合いとは・・・!?」と真剣に考えてしまったじゃないですか!真面目な顔して何してんだ王様!
王様の冷静なデレに笑いつつ、優しい雰囲気に癒やされる良いラブコメでした。

☆あらすじ☆
悪魔の呪いを受け、人並みはずれた怪力の持ち主として生まれた王女ユーリア。自分の力を恥じて目立たぬようひっそりと暮らしてきたが、新王ジオンとの政略結婚が決まってしまう。ところがジオンは大の女嫌いで「お前と馴れ合うつもりはない」といきなり拒絶宣言。秘密を守りたいユーリアにはむしろ好都合だったが、ジオンとともに過ごすうち、彼に触れられたいと思うようになり…!?呪われ王女と横暴国王のすれ違い新婚ラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

 

悪魔ファラードゥウィアの呪いによって、人を簡単に壊してしまうほどの怪力を持って生まれた王女ユーリア
他人を傷つけまいと人を避けて生きてきたユーリアは、政略結婚のために他国の王ジオンのもとに嫁ぐことに。
万が一にもジオンを傷つけてはいけないと考えていたユーリアは、女嫌いのジオンが「馴れ合うつもりはない」と宣言したことに安堵するが・・・・・・というストーリー。なのですが。

 

「馴れ合う」とは一体・・・・・・。

 

22頁で馴れ合わない宣言して、48頁でラブラブ新婚デート、94頁で添い寝、103頁で膝枕しながら口に指を突っ込んでるんですが!

 

どういうことだ。馴れ合わないって何なんだ。
段階の進め方があまりにもスムーズ&自然でうっかりニヤニヤしながら読んでしまったじゃないですか!ジオンさまのクールなチョロさに感動ww

 

そんな感じであっという間に両想いかと思いきや、そう単純なものでもないのが面白いところ。

怪力の呪いを必死に隠し通そうとするユーリアと、何も知らずに彼女を普通の妻として扱おうとするジオン。
そんなふたりの気持ちにすれ違いが生じないわけがなく。
後半はユーリアの拒絶によって波乱の展開に入っていくのですが、ジオンを傷つけまいと一生懸命「嫌い」って嘘をつくユーリアは可愛かったし、嘘を見抜けずに冷静に落ち込むジオンはもっと可愛かったですw
険悪な雰囲気にすらニヤニヤしてしまう(*´д`)

 

どうみても両想いではあるものの、たしかに怪力の呪いについては厄介な問題。
そこらへんはどうするのかな?と思っていたのですが驚くほどあっさり解決してしまいました。リリルルーラの意地悪!

 

結局、みんな良い人だったわけですね。優しい世界。
ファラードゥウィアとか完全にフェアリーゴッドマザーじゃないですか。男だけど。

 

ちなみに個人的に予想外だったのはマリーロジェンナの本性(?)。
裏も表も性格が悪いのは一貫していましたが、なんだか無駄に格好いい女性でしたww

 

毒気0のラブコメでしたが、甘くて優しくて癒やされました。次回作も期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。