異世界修学旅行


『異世界修学旅行』(岡本タクヤ著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

異世界修学旅行 (ガガガ文庫)
異世界修学旅行 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
異文化コミュニケーションをテーマとした異世界召喚ファンタジー。
異世界で修学旅行をするという発想が面白くて、キャラ同士の軽快な掛け合いも楽しかったです。
ちょっとメタが強すぎるせいで序盤がうまく乗れなかったものの、終盤は楽しく笑えて満足しました。

☆あらすじ☆
新しい異文化コミュニケーションコメディ!高校の修学旅行中だった沢木浩介をはじめとした2年1組の面々は、気づけば中世ファンタジー風の異世界へと辿り着いてしまう。どうやらこの世界では100年に1度くらい異世界から人間が漂着し、漂着者はその度に世界の危機を救ってくれるという言い伝えがあるという。普段から接している漫画とゲームとラノベとゆとりある教育のおかげでその手の話をすんなり受け入れた2年1組は、サクっと世界を救ってやろうと決意する。だが、世界を支配せんとしていた魔王は既に倒されたあと。彼らの活躍する隙間はもう残っていなかったのである。さらに次の日食の際に儀式を行えばもとの世界に帰れると知り、拍子抜け。しかし、異なる文化と文化がぶつかるところでは、必ず摩擦が起こるもの。異世界中に散らばった少年少女たちが世界各地で様々なトラブルの種となっている。浩介たちは異世界という修学旅行先の各地で思い思いにはしゃいで回る個性的すぎるクラスメートたちを全員回収し、無事にもとの世界に帰還することができるのか。異世界から帰るまでが修学旅行の異文化コミュニケーションコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

 

修学旅行に行って、気づいたら異世界でした。

というスタートを切る異世界召喚ファンタジーなのですが、剣と魔法のファンタジーなお話ではなく、異世界側に異世界人(主人公たち)を受け入れる準備も万全、メタもガンガンぶっこんでくるハイテンションなコメディでした。

 

本当にひたっすらメタばかり。

「(中略)我が国には『メタ的なことを頻繁に言いはじめると災いが起こる」という伝説も伝わっておるので、そういうのはほどほどにせよ」

とか言うくらいにはメタ要素多かったですw

 

このメタな感じを最初に乗れたら、めっちゃ楽しい作品なのだと思います。私はちょっと乗るのに苦労してしまった・・・・・・。
ただ、異世界にいるかもしれないクラスメートたちを助けるために異世界修学旅行に出発するという展開に入ってからは面白かったです。終盤のゴブリン退治(?)とかひたすら笑ってましたw

 

もしシリーズが続けば、後半みたいな修学旅行のノリで異文化コミュニケーションをしていくのでしょうね。
ジャガトマ警察さんがいらぬ茶々をいれて騒動を起こすところとかもみてみたいww
しかしそうなると、今後の騒動の大半がクラスメートたちの仕業という可能性もありそうだなぁ。なんて迷惑な。

 

全般的に笑えて楽しめたのですが、ちょっと残念なのは主人公浩介と幼なじみヒロインの個性が薄いところでしょうか。
王女プリシラの個性が強すぎて霞むんですよね・・・・・・。綾とか、途中いるのかいないのか分からないくらいの空気っぷりでしたし。
浩介にしても、交渉役として活躍するにしてもただただ地味なんだよなぁ(´・ω・`)

 

主人公はもうちょっと派手めに活躍してくれる方が好みなので、彼の今後の成長に期待したいところ。
2巻も楽しみにしています(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。