成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩2


『成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩2』(ハヤケン著/HJ文庫)★★★★☆

成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩2 (HJ文庫)
成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩2 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
ああもう切ない!!
ファンタジー戦記としても面白いのは間違いないのですが、このシリーズで注目すべきは主人公を巡る三角関係。
今回でこの三角関係がちょっと他に見ない形になってきて、もう切なすぎて辛いです・・・・・・。

☆あらすじ☆
小国エルラーンへの婿入りを機に、帝国領の一部を水面下で掌握した屑星皇子ラウル。そんな彼が次なる一手への足掛かりに選んだのは、内戦に揺れるバルゼイア連合国だった! ちょうどバルゼイアの現体制派より救援要請を受けていたラウルは、出稼ぎも兼ねてかの国への出兵を決意する。

以下、ネタバレありの感想です。

 

黄金の志と野心のために、一歩踏み出した屑星皇子ラウル。
王立第二騎士団という「武器」を手に入れたラウルは、その武器の維持費のため、また今後の戦略のために傭兵まがいの出稼ぎにいくことになる、というのが2巻のストーリー。

 

内戦状態のバルゼイア連合国に介入したラウル。
「屑星皇子」という汚名は他国にまで及んでいたものの、あっという間に実力を見せつけていく様はやはり爽快!こういうの大好物です!
でもうつけ演技は続けるんですね。染みついちゃってるのかなw 膝枕自重してww

 

バルゼイア連合国での戦いは今回では終わらず、というか準備回という感じで次巻に続くわけですが、面白いと思ったのはラウルがあくまで目的を見失わないところ。
四虎競食計のためなら一時的に協力関係にあったはずのワウルフの裏すらかく。そんな腹黒さが良いです(`・ω・´)
一筋縄ではいかなそうな敵キャラといい、ラストでピンチに陥ったアルゼキアといい、次巻の展開がとても楽しみです。

 

一方で前巻から気になって仕方なかった三角関係については、更に深く掘り下げられていくことに。
ラウルが何を考えているのかようやく語られて、なんかもう切なさが爆発してしまいました。
ラウルのマリーへの想いが・・・・・・。
なんなんですかこれ(´;ω;`)

正直、ラウルがこうもはっきりと自分の気持ちを語るとは思っていませんでした。ここまで悩んでいたなんてなぁ。
ルシエにもマリーにも裏切っているような気持ちになる、と語ったラウルに胸が苦しくなりました。彼の語る「もしも」も泣ける。
ルシエへの対応が雑だったのは、彼なりの葛藤の表れだったのでしょうね。
この誠実さだと、マリーを妾にする的なハーレムエンドはなさそうだなぁ。

 

マリーの夢オチ(2度目かよ!)に笑わせた後にこういう展開をもってくるとか、秀逸すぎて真顔になるしかないです。
あれだけラウルへの恋心に苦しんでいたマリーが、その恋を手放す決意をした瞬間に泣きそうになりました。切ない。もうほんと切ない。

 

マリーに幸せになってほしいけれど、ルシエも可愛いから余計に辛いんですよね・・・・・・。
本当に冷め切った仮面夫婦だったら良かったのに、そうじゃないからままならない。
ラウルの服を抱きしめて寂しそうにしてるルシエを見たらこの子もちゃんと幸せになってほしいけれど、さて一体どうなっていくのか。

 

戦記も気になるけど三角関係も気になる。続きが楽しみで仕方ないです。
3巻にも期待しています!( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。