終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅

『終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅』(鏡貴也著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
すでに決まった結末に向けて抗う物語も、いよいよ佳境へ。
といっても今回はクライマックスに向けて様々な覚悟を再確認する溜めの回という感じでしょうか。この続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
世界が滅亡する直前まで、抗い続けた、物語――。「真昼を殺せなければ、お前の父親を殺す」柊家に父・一瀬栄を人質に取られ、真昼を探していたグレンだがあと一歩のところで吸血鬼たちに真昼をさらわれ取り逃してしまう。そして時間は無情にも過ぎていき、一瀬栄は……! 自らの力不足を改めて痛烈に感じながらも、前に進みはじめたグレン。一方吸血鬼にとらわれた真昼は、吸血鬼の女王クルル・ツェペシに交渉を持ちかけ――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅