異世界迷宮の最深部を目指そう5


『異世界迷宮の最深部を目指そう5』(割内タリサ著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年10月刊。
ついに始まった武闘大会。今回もとても面白かったのですが、読んでて辛くなるくらいカナミが心身共にボロボロ・・・・・・
そしてヤンデレヒロインズの狂気ががが(((゜Д゜;)))

「異世界迷宮の最深部を目指そう」特設サイト

☆あらすじ☆
「三十層の守護者を打ち破ったら、真実を教えてやる」
パリンクロンにそう告げられ、舞闘大会に出場することになったカナミ。その後、スノウの提案により竜退治に旅立ったカナミは、リーパーと話すうち、自身の置かれた状況に疑念を抱く。記憶喪失の元凶が腕輪だと考えたカナミはローウェンに腕輪の破壊を相談するが、なぜかその依頼を拒否されてしまい……。方法を探すカナミに手を差し伸べたのは、かつての彼を知るラスティアラで――!?
因縁渦巻く舞闘大会が幕を開け、自身の誓いを違わなかったとき――
少年は《全て》を思い出す。

以下、ネタバレありの感想です。

 

媚びまくるスノウ。
最初の頃の彼女はどこへ行ったの!?と肩を掴んで揺さぶりたくなるほど痛々しい媚びっぷりでした。
まぁそこに見え隠れする狂気に背筋がゾッとするのですが・・・・・・スノウのなりふり構わない感じが怖すぎる。

 

そんなスノウにドン引きしたり、何気にさらっと竜退治したりしながら、ついに迎えた武闘大会当日。
状況のあまりの不可解さにようやく向き合ったカナミは、記憶を取り戻すために腕輪破壊を目論んで・・・・・・というのが今回のストーリーでした。

 

壊したいのに壊せない腕輪。
カナミ自身が自動迎撃するとか、なんという無敵の防御力www
そのせいで今回のカナミはかつてないほどボロボロになるのですけどね。ラスティアラたちと戦う直前とか、廃人寸前じゃないですかこれ・・・・・・。

 

カナミの心情体調はおいといて、武闘大会そのものはとても楽しかったです!
こういうトーナメント形式にバトルが進んでいく話って好きなんですよねー。
順調に勝ち上がっていくカナミ無双も面白かったのですが、ラストでカナミ自身が暴走して視点がラスティアラに移る戦いが最高でした。
ガッツポーズするラスティアラが熱い!!

 

武闘大会中のラブコメも面白かったです。
特にディアとのデートがww
ディアはメンタル揺らぎすぎてて、普通にみえても些細なことでヤンデレ発症するんですね・・・・・・。
なんかもう劇物注意みたいになってません?触るな危険。

 

それにしても今回のカナミはやたら格好つけだったような。
フランを空に飛ばしたあとにお姫様だっこで受け止めたりとか、エルミラード戦の宣誓とか。
そこらへんを読んでる間は「カナミ格好いい!」って思ってたはずなのに、カナミ羞恥の大絶叫シーンでは「そうだね!やっぱり恥ずかしいよね!?」って全力で笑ってましたww
あのシーン大好きだwww

 

ようやく自分を取り戻したカナミ。ラウラヴィア国での物語も次巻のローウェン戦でクライマックスとなるのでしょうか。
リーパーの目的も気になりますし、6巻にも期待してます!٩( ‘ω’ )و

スポンサーリンク
 
0

「異世界迷宮の最深部を目指そう5」への2件のフィードバック

  1. 異世界迷宮の最深部を目指そうの6巻が発売されましたよ~
    感想いつも楽しみにしています!

    1. 匿名さん、コメントありがとうございます。

      何というタイミング!ちょうど今、最新6巻を読み終わったところです!!
      感想お待ちいただけて嬉しいです(^▽^)
      明日の夜にアップする予定です〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。