99番目の吸血姫 最後の吸血鬼

『99番目の吸血姫 最後の吸血鬼』(サイトウケンジ著/MF文庫J)★★★☆☆

99番目の吸血姫 ~最後の吸血鬼~ (MF文庫J)
99番目の吸血姫 ~最後の吸血鬼~ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
前作「101番目の百物語」と世界観が共通する新作ですが、前作未読の私でも(一応)問題なく楽しめました。
都市伝説が実体化した存在「ロア」と戦う吸血鬼の少女と、その下僕で恋人の主人公。仲良しなカップルにめっちゃ癒されました(´∀`*)
都市伝説モノっていうのも良かった。
こういう作品は日常のすぐ裏側に潜む恐怖を描くから、現実と空想の境目がより曖昧になってゾクゾクさせられるのですごく好きです。
本作もそんな感じで都市伝説を扱いつつ、後半は意外な方向へ。
エピローグは泣きそうになりました。これは切ない(´;ω;`)

☆あらすじ☆
『トリニティセブン』のサイトウケンジが贈る再び始まる都市伝説――
都市伝説が実体化した存在――ロア。少年ジンは、最強と名高い『吸血鬼のロア』である外見幼女のシルヴィアの下僕(こいびと)となってしまい…… 『トリニティセブン』のサイトウケンジが贈る新たな都市伝説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 99番目の吸血姫 最後の吸血鬼