そんな世界は壊してしまえ クオリディア・コード


『そんな世界は壊してしまえ -クオリディア・コード-』(さがら総(Speakeasy)著/MF文庫J)★★★☆☆

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)
そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
プロジェクト・クオリディア第3弾。
第2弾の「いつか世界を救うために」は神奈川が舞台でしたが、こちらは東京が舞台。
狂気的な博愛主義者の主人公(ポジティブクズ)におののくハイテンションなコメディでしたが、ラストは予想外に重い展開へ・・・・・・。
前後編の前編のようですので、評価は後編を待ってからですね。期待しています!

プロジェクト・クオリディア公式サイト

☆あらすじ☆
『変態王子と笑わない猫。』コンビが贈る、近未来変態ラブコメディ!
人類の敵――〈アンノウン〉と戦争を続ける世界。瓦礫に塗れた殺伐シリアスな環境でも、ラブコメは確かに存在する――! 「変猫。」コンビが贈る、ポジティブクズ・ミーツ・ドM天使な近未来変態ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

冒頭から主人公がひどいww

 

アンノウンとの戦いの最前線のひとつ、湾岸防衛都市東京。
主人公は、防衛都市の花形・戦闘科に所属するための最低条件である飛翔能力を発現しなかったために戦闘科に配属されなかった少年・朱雀壱弥
物語は、都市次席鷹匠詩の命令で、朱雀が同じ工科の鵜飼つぐみと共に、戦闘科のリストラを担当する新設部署に配属されることになるというところからスタートします。

 

要するに、朱雀が戦闘科所属の成績不良の生徒をビシバシと愛のムチで叩きのめしながら振り落としていくというのが今回のお話。
ラストの展開的に次回こそが本題のようなので、今回は徹底的に前振りを描いたというところでしょうか。

 

狂気的なまでの人類博愛主義者にして、その博愛から漏れた人間に対する徹底的な差別主義者である朱雀。
そんな朱雀が「人類にとって使える/使えない」で人を振り分けていくものだから、いくらコメディタッチで描かれても(読みながらひたすら笑いましたがw)、内容は結構えげつない。
この主人公怖すぎて、私は無理・・・・・・!と何度思ったことか。ポジティブクズ(笑)とかじゃなくてガチクズだこいつ!!
朱雀の狂気に折れず最後まで読むことができたのは、間違いなく常識的なツッコミヒロインつぐみの存在があればこそです(´;ω;`)

 

そして本作の怖いところは、そんなエセ人類博愛主義者が朱雀だけじゃないということ。
博愛主義って言葉の意味に真剣に悩む。
仲間すらあっさり振り分けて、何が博愛なのか!
まぁ朱雀の「博愛」の範囲がおかしい段階で、そして戦闘科の歪みきったエリート意識の徹底をみた段階で、この世界の歪な価値観に気づくべきだったんですね・・・・・。

 

朱雀の思想そのままに、あまりにも残酷な振り分けがされる世界。
その中で生まれた落伍者を、ただひとり愛してあげようとする宇多良カナリア
これこそが博愛主義・・・・・・なのか?
カナリアはドMでビキニだし朱雀とのシンクロ部分が気にはなっていたんですが、気づけば朱雀すらドン引きする狂気のヒロインになっていて背筋が凍りました。
え、なに?なんなの?マトモな人どこにいるの?

 

やっぱり東京って怖いところなんだ・・・・・・!!
都会おっかねぇ!(((゜Д゜;)))

 

東京に存在した公然の秘密に触れた朱雀。
価値観が揺らぎ始めた彼は、最後に何を思ったのか。これから何を思うのか。

気になります!続きを早く!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。