緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑


『緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑』(相沢沙呼著/MF文庫J)★★★★☆

緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑 (MF文庫J)
緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
面白かった!
人気ミステリー作家がライトノベル初挑戦ということで生まれたミステリー調のファンタジー。落ちこぼれの少年が人捜しの依頼を受け、予期せぬ大きな事件に巻き込まれていくという物語です。
主人公達は「冒険者」という役どころなのに、舞台が街の中に限定され、そこに潜む謎に迫っていく構成となっているのはちょっと意外で新鮮でした。
なるほどこういうのをシティアドベンチャーっていうのか。物語が進むにつれて「ハムナプトラ」とかあの辺のアドベンチャー映画っぽい雰囲気が混じってくるのも楽しかったです。

「緑陽のクエスタ・リリカ」公式サイト

☆あらすじ☆
英雄になれなくても、誰かのための勇者になれる。
魔術の才能がからっきしな少年、ジゼル。《識者達の学院》を自主退学した彼が目指すのは、冒険者だった。手始めに冒険者の集う酒場へと赴いたジゼルだったが、とある事件に巻き込まれ依頼を受けることに……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

「体質」ゆえに魔術師の学院で落第し続けたあげく、退学を決めた少年ジゼル
冒険者を目指すことにしたジゼルは、とある騒ぎで知り合った少女ミリアの「姉を探して欲しい」という依頼を受けることを決めます。しかし、その依頼は予想もしない大きな事件へとつながっていて・・・・・・というのが本作のストーリー。

 

見つからない行方不明の少女。
その少女に「妹」がいたことを知らない周囲の人々。
そして都を騒がす悪魔信奉者の凶行。

 

謎と伏線を丁寧に設置しつつ慎重に進む物語はさながら推理小説で、ここは作者の本領が垣間見えるところだったと思います。
ミステリ要素はしっかりファンタジー世界と調和していて、差別の対象である「半妖」が物語に大きく組み込まれているところは面白かったです。また、悪魔崇拝教団《オルギソスの指》の存在が目立ち始めてからのゴシックミステリっぽい雰囲気にはワクワクしました。

ファンタジー世界のミステリだからといって突飛な展開はなく、ちゃんと要所にヒントが与えられ、ジゼルが辿った思索もはっきりしているところは特に良かったですねー。謎解きを安心して最後まで楽しむことができました。

 

そして真相究明シーンにおけるアドベンチャーな雰囲気は最高!洋画を見ているようでした。
謎解きパートも面白いのですが、やはり「冒険者」が主人公なら活劇要素は必須ですよね。バトルは大事!しかし描写はグロかった・・・・・・

 

キャラもとても魅力的でした。

主人公であるジゼルは魔術は人並み以下にしか使えないし、かといって剣の腕も人並み程度。
極めつけに使えないのは「魔素攪乱」という彼の体質。
これ、最初はよくある無効化系能力だと思ったのですが、本人にもコントロール不能でただ暴走させるだけっていう使い勝手の悪さが逆に面白かったですw
どういう目が出るかわからないギャンブル的な能力ってRPGとかで見かけますけど、それを主人公に持たせる作品って珍しいような。

そんな感じでちょっと使えない系の男の子ではあるものの、土壇場での頭の回転や振り絞った勇気が印象的で、とても好感のもてる主人公でした。
「英雄」ではなくても確かに彼は「勇者」なんですね。これは応援したくなる(´p・ω・q`)

 

そしてそんなジゼルの相棒となる冒険者アルミラージ
武力担当はこっちか、と最後で理解しましたw
アルミラージの引き金を担うのがジゼルの役回りになってくるのかな?

 

そういえばやたら女の子が貞操の危機に陥ったりその描写が細かかったのが気になったのですが(女の子の肢体描写も丁寧すぎるw)、あれは作風かな。以前読んだ本もそんな感じだったような。
エログロ耽美が目立つ作品って普段はちょっと苦手なのですが、この作品で言えばゴシックな雰囲気に合っていたのですんなり読めました。うーむ舞台設定って大事だな。

 

大きな事件を乗り越えて、ようやく「冒険者」への道を踏み出したジゼル。
彼がこれからどんな冒険に挑むのか、どんな成長を遂げるのか是非見てみたいので、続きが出ることを期待します!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。