へっぽこ鬼日記2〜4 感想まとめ


『へっぽこ鬼日記2〜4』(田中莎月著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

へっぽこ鬼日記2<へっぽこ鬼日記> (角川ビーンズ文庫)
へっぽこ鬼日記2(角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
へっぽこ鬼日記1 | 晴れたら読書を

 

 

1巻は脅威の男率だったのですが、2巻でメインヒロインが登場、イロモノすぎる脇役も大量投入で面白くなってきました。これは期待できそうな和風ファンタジー!

☆あらすじ☆
俺、藤見恭、自動販売機のボタン押して異世界トリップしちゃいました。元の世界に帰ろうと必死なのに、「鬼」に憑依してる俺は、皆さんに勘違いされまくり、問答無用でお見合いに行かされることに。ヘタレ発言の脳内変換が得意技な従者の陽太を連れて出かけたら、見合い相手の“花姫様”が、可愛すぎてビックリ!恋に落ちそ、ん!?なんで、俺の命を狙う忍者、いや、くの一が!!?ネット発・ブッ飛びバトルコメディ、第2弾!

以下、2巻から4巻までのネタバレあり感想です。

 

2014年3月刊。
東鬼の長である東条家の娘・花姫のお見合いのお手伝いをすることになった恭。
花姫はメインヒロインってことでいいんですよね!?やっと女の子キャラきたーー!

小動物みたいな花姫はめちゃくちゃ可愛かったですw
でも東条は藤見を受け入れられないから、ふたりは結ばれないのでしょうか・・・・・・うーん、残りの婿候補は微妙すぎるのですが。いや、麻呂様はOK。
恭の方も恋愛感情をもったら(味方同士だけど)ロミジュリっぽくなって面白そうです。期待!

今回は見合い編(?)の序章みたいな感じでしたが、東条家と藤見家の関係性がよく分かる回でした。
藤見を認めつつも、藤見を受け入れられない東条の葛藤。どうにかならないものなのでしょうか。
チクチクと長に苛められているのに恭がちょっと不憫。
ただ、不憫とか問題にならないレベルで強運ですがww
偶然が重なった結果、相手に良いようにとられるっていうのがパターン化してますねー。結構好きですw笑ったw

 

☆あらすじ☆
異世界でイケてる「鬼」に憑依中の俺、藤見恭、元・学生。有名な術師に弟子入りし、かわいすぎる花姫様のお見合いを見守ってます。婿候補を出し抜いてイイ感じ、だけど、ストーカー忍者にもロックオンされていて!?

2014年6月刊。
麻呂さまいつの間にそこまで恭大好きになってたんてすかね・・・・・・。
これまでは強運と相手の勘違いでどうにかなっていた恭ですが、自分の無力さに歯がみし始めたからそろそろ新展開がくるのでしょうか?

 

☆あらすじ☆
異世界で「鬼」に憑依している俺、藤見恭。花姫様にセクハラ撃退術を指南している所に、南鬼の長、南条家のワガママ王子が登場! 見た目は天使なのに、超暴君な昴くんが姫の婿候補に名乗りを上げ、俺、敵認定…!?

2014年9月刊。
わがままぷー王子南条昴とオネエ忍者登場。
男率の高い作品ですが途中途中にひょっこり出てくる花姫が可愛すぎて可愛すぎてw
美少女とにゃんことか幸せな構図すぎて私まで打ち抜かれます(´∀`*)
薫が超盛り上がっていましたが、指切りってそう言われると確かに色っぽいかも・・・・・・?

南条絡みはなんだかきな臭い方向に進みそうな感じですね。
陽太の悩みも気になるところ。次巻も楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。