バビロン1 女

『バビロン Ⅰ ー女ー』(野崎まど著/講談社タイガ)★★★★☆

バビロン 1 ―女― (講談社タイガ)
バビロン 1 ―女― (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
新創刊した講談社タイガの第1弾ラインナップの1作。
ある不正事件を追っていた検事が発見した異様なメモ。その謎を追うちに主人公は想像を絶する闇を垣間見ることになるのです。
読む前に私が予想していたような推理小説とは一味も二味も違う異質な作品でした。
次は誰に何が起こるか分からない恐怖。主人公と一緒に迷宮を彷徨っているかのような不安感。
そして、中盤あたりからグンっと加速し、どんどん加速し、まだまだ加速し、もうトップスピードだろ!と思ったところで現れる「つづく」の絶望感。
勘弁して!ここで止めないで!と悲鳴をあげてしまいました。
早く・・・・・・続き早く・・・・・・(´;ω;`)

☆あらすじ☆
東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社・日本スピリと国内4大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。その捜査の中で正崎は麻酔科医・因幡信が記した一枚の書面を発見する。そこに残されていたのは毛や皮膚混じりの異様な血痕と、紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」であった。正崎は、事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に暗躍する陰謀と、それを操る謎の人物の存在に気がつき……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む バビロン1 女