暁の女王と塵の勇者


『暁の女王と塵の勇者』(安藤白悧著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

暁の女王と塵の勇者 (講談社ラノベ文庫)
暁の女王と塵の勇者 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
体質的に弱すぎる少年が魔物討伐の旅に出る物語なのですが、なんだか奇妙なファンタジーでした。
「打倒魔王を目指す勇者の冒険物語」という(古くさいほど)王道な設定と、それを揶揄するような捻った展開の数々。
堅物ハイファンタジーだと思って読んでいたのですが、この作品の楽しみ方はもっと別のところにあるのかな?
何はともあれ古典的な雰囲気のある世界観を絶妙なテンポと設定で崩す面白い作品でした。続きが楽しみです。特に三角関係の行方が気になります。

☆あらすじ☆
少年サーレは、勇者の血を引きながら、町外れのボロ家でひとり暮らしていた。その理由は、勇者でありながら魔物の瘴気だけでダメージを受けるその体質にあった。魔除けした布をまとい、魔物を倒しわずかな報酬を得る日々の中で、サーレはある決意をする。幼なじみでやはり勇者の血筋である少女・シムルが魔物退治の旅に出る晴れやかな姿を見送った後、サーレもまた旅立つ。魔物と対峙することを運命づけられた立場を変えるために。

以下、ネタバレありの感想です。

 

遺伝によって「勇者の性質」を受け継いだ「勇者」たちが魔物を討伐し魔王と戦う世界。
「勇者」でありながら魔物の瘴気に弱いという体質を持つ主人公サーレは、大切な幼なじみシムルを縛る「勇者」という仕組みを壊すため、勇者以外の者でも魔王を倒すことができる方法を求めて旅に出ることになる、というところから物語はスタートします。

 

サーレの体質や思想、目的はともあれ、設定だけをみると「勇者の魔王退治の旅」といういかにも王道なファンタジー。
しかしその旅の序盤で最大・最終目標だったはずの「魔王」が登場し、魔王の壮大な野望が語られた段階でこの作品の異色っぷりが際立ってくるのです。

 

なんというか・・・・・・そんなのアリかよ!って素で叫んでしまいました・・・・・・。

 

だって、魔王が序盤に出てきて「若い芽を摘み取ってやるぜ!」って邪道もいいところじゃないですか。
こういうのはコメディ押しのファンタジーがネタでやるものであって、本作みたいな堅物ハイファンタジーっぽい雰囲気の作品がやっちゃっていいのかよ!?って思ったんです。

 

しかし真面目も真面目、大真面目。
魔王は本気で勇者を潰す気でいるし、人間側はその危機感を持てずにいるという何とも詰んだ状況。
これはある意味で目新しい展開な気がします。さらに掘り下げていけば面白くなっていきそう。

 

魔王の野望を打ち砕くにはサーレの存在が鍵となるわけで、そこでまた王道の展開に戻すのも憎い演出ですね。
ただサーレの戦い方はまさに「肉を切らせて骨を絶つ」という感じなのが何とも痛々しくて仕方ありませんが。

そしてそこでオーリアーナが必要になるというのも良い展開ですね。
サーレの戦う理由はシムルだけれど、サーレが戦うために必要なのはオーリアーナ、というのが絶妙な配置だなぁと思いましたw

 

あと、魔王関連以外の設定もなかなか味わい深いものがありました。
「レベル」だの「アレルギー」だの、微妙に世界観に馴染まない単語をポンポン放り込んでくるんですよね。お堅い文体の中で、普通に考えれば浮いてるそれらの単語や設定がなぜか絶妙に溶け込んでいるのがすごい。どうなってるんだ・・・・・・。

 

いやほんと、これどういう物語になっていくのでしょう?
今後の展開も気になりますが、サーレ、シムル、オーリアーナの三角関係の行方も楽しみです。
オーリアーナの負けヒロイン臭が気がかりですが・・・・・・サーレの心はシムルでいっぱいだしなぁ。

2巻も楽しみです。期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。