帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ!


『帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ!』(群竹くれは著/ビーズログ文庫)★★★★☆

帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ! (ビーズログ文庫)
帝都あやしの恋巡り 伝令・上官を直ちに娶られよ! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
唐突に上官をお嫁さんにもらう(という任務につく)ことになった新米軍人が主人公の和風ファンタジー。
ちょっと俺の上官めっちゃ可愛いんですけど!?しかも嫁!!って尻尾をふりたくる駄犬な主人公の役得ぶりが楽しい作品でした。
そんな彼のペースに振り回されるうちに、肩肘張っていた上官嫁が次第に丸くなっていくのも可愛すぎてw
偽装なのを忘れそうなくらい初々しい「夫婦」に萌え転がれるラブコメです。
もちろん任された極秘任務の方もしっかり遂行していて、そちらも面白かったです。最後はちょっとしんみり切ない感じで、ストーリーも良かったですしね。
一応綺麗に終わっていますが、付喪神集めはまだ始まったばかりだし続けることはできるはず!ぜひシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
初心者マーク付き偽装夫婦が帝都の付喪神、集めます!
「特命により米田准尉を我が夫とする」米田に突然下されたのは、特務機関の草薙桜少佐と市井に潜伏し、付喪神が宿る特殊器物を蒐集するという極秘任務! 霊的結界が綻び始めた帝都の守り神にというけど、なんで“夫婦”設定に!? ──が、任務に忠実で霊力も高いのに家事は全然ダメな新妻って可愛すぎでしょ!な胸キュン生活満喫中、桜を狙う高貴な神が近づいてきて──!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

西洋化が進む帝都の霊的防衛のため、付喪神が宿る「特殊器物」を集めよという極秘任務を与えられた新米軍人・米田雅彦
任務遂行のために骨董商として市井に潜伏することになった米田は、そのパートナーとして草薙桜少佐に引き合わされ、彼女と「夫婦」を装うように命じられるのです。
こうして米田と桜のぎこちなくも温かい「新婚生活」がスタートすることになる、というのが本作のストーリーです。

 

ヒロインが存在する少女小説では比較的珍しい男性主人公。
しかも駄犬系。もといわんこ系。
俺の上官めちゃめちゃ可愛い〜〜ッ!!って最初から最後までずっと役得任務にホクホクしている米田が面白すぎでしたw

初夜(?)で「桜」呼びを練習してるところから「あっこの主人公、好きなヤツだっ!」と謎の確信がありましたけど。
襖一枚隔てて本人いるのに発声練習するとかwwアホだwww

練習の成果か(?)、どさくさに紛れて呼び捨てにしては「『さん』を付けろ、この駄犬がっ!」といちいち怒られるところもまた可愛いん(´∀`*)

 

そんな米田をひたすら萌え転がしていた嫁役の桜はというと、こちらもとっても可愛い女の子。
米田に家事力で惨敗して(´・ω・`)ってなっていたのに、ご飯美味しくてパァっとご機嫌になっちゃうところとか!
「しゅーあらくれーむ!」ご所望しちゃうところとか!
これは米田じゃなくても悶える・・・・・・!ε٩( ºωº )۶з
こんな可愛い嫁のためなら、せっせとお味噌汁作って上げたくなるのも当然ですw

 

日常面だけでなく仕事上のパートナーとしてもお似合いなカップルでした。
人の懐に入り込むのがうまくて情報収集に向いている米田と、集めた情報を分析して対処する桜。
適材適所という米田の言葉通りに、役割分担がしっかりしているコンビって良いですよね。とても好みです( ・ㅂ・)و ̑̑

 

でも、よく考えたらこれってたった4、5日の話なんですよねー(;・∀・)
急速に仲良くなっていく2人に違和感がないのは、米田の人徳なのか、それともふたりに共有できる感情があったからなのか。
霊力のせいで孤独だった過去に共感したっていうことも大きいのでしょうけれど、やはり米田の人徳かな。
彼のほわわんとして柔らかい物腰に、桜がみるみる絆されてしまうのも納得でした。

 

米田と桜の新婚生活モノとしてもニヤニヤできて楽しかったのですが、「任務」の話自体もとても面白かったです。

今回彼らが「特殊器物」として目をつけたのは、何度捨てても必ず戻ってくる古鏡」
鏡から現れる幽霊の謎やそこに秘められたエピソードは、割と素直な展開でありつつ最後はグッと心に響くものがありました。こういう丁寧な作りのお話は好きですよ。

「待っていて」という言葉を普通とは逆に使うのも良かったですしね。
普通は生きている方が呼びかける言葉だと思うものの、彼らの物語を考えればとてもしっくりくるやりとり。切ないけれど素敵な別れのシーンだと思いました。

 

そして特殊器物収拾の裏に隠されたもう一つの「任務」
これが「結婚」なんて話につながっていたわけですが、まぁ迷惑な神様でしたねー。
最後のアレだけで消えたのでしょうか?でもあれくらいで月読が消えるとも思えませんし、もしシリーズ化したら再登場するかもしれませんね。

 

本当に、ぜひシリーズ化してほしいです。
なぜかやたら存在感があった香取とか掘り下げてほしいですし、米田と桜の夫婦生活ももっと見たい!

それと、米田の「言霊」についてももう少し詳しく掘り下げてほしいです。米田だけの特殊能力なのか何なのかはっきりとは分からなかったので・・・・・・。

というわけで2巻を楽しみに待ちたいと思いますヾ(*˙︶˙*)

 

余談ですけど「致します」って返答ありなんですね。初めて聞いて最初は違和感あったんですけど、米田には似合ってましたw

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。