初恋ソムリエ(ハルチカシリーズ2)

『初恋ソムリエ』(初野晴著/角川文庫)★★★★☆

初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)
初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
退出ゲーム(ハルチカシリーズ1) | 晴れたら読書を
2011年7月刊。初出は角川書店2009年10月刊。
吹奏楽×日常ミステリ×三角関係第2弾。
ふふっと笑えるテンポの良いライトミステリでありつつ、時には切ない気持ちにもさせてくれる4本の短編が収録されています。
今回も面白かったです!

☆あらすじ☆
廃部寸前の弱小吹奏楽部を立て直し、普門館を目指す高校2年生の穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽経験者たちに起きた謎を解決し入部させることに成功していた2人だったが、音楽エリートの芹澤直子には断られ続けていた。ある時、芹澤の伯母が高校にやって来た。「初恋研究会」なる部に招待されたのだという。やがて伯母の初恋に秘められた、40年前のある事件が浮かび上がり…(表題作より)。『退出ゲーム』に続く“ハルチカ”シリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 初恋ソムリエ(ハルチカシリーズ2)