くもりのちナイン 破壊少女は貴方のためだけに涙する

『くもりのちナイン 破壊少女は貴方のためだけに涙する』(石川湊著/電撃文庫)★★★☆☆

くもりのちナイン 破壊少女は、貴方のためだけに涙する (電撃文庫)
くもりのちナイン 破壊少女は、貴方のためだけに涙する (電撃文庫)

2015年10月刊。
汚染物質によって空が塞がれた世界を舞台に、人造人間の男と機械人形の少女が出会い、旅をする物語。
終末的な世界観も良かったですし、「人間らしさ」に迷い悩む主人公の変化も興味深いものでした。
「人間」と「機械」の境界線がどこにあるのか、何をもって「人間らしい」といえるのか。
人助けの旅の果てに、主人公はどんな答えを見つけるのか。
彼が見つけ出した答えも含めて、全体として綺麗にまとまった素敵な作品だったと思います。
ちなみに、前作「スカイ・フォール」と共通の世界観の作品とのことですが、前作未読でも楽しめました。舞台が天地に分かれていますし、登場人物もかぶっていないようです。

☆あらすじ☆
汚染物質に覆われた世界で傭兵のカイルが出会ったのは、遺跡の深奥で培養液に浮かぶ少女だった。名前はなく、言葉も上手く理解できない、幼い機械の少女。「お前に名前は無いんだ。分かるか?」「ナイン?わたし、ナイン!」未知の戦闘能力を備えたナインと、なぜか彼女のマスターに認定されてしまったカイル。二人は楽園へと通じているとされるヘブンズゲートを求め、人類に見捨てられた世界を旅することに。ある時は親子のように、またある時は兄妹のように。そして、ある時は恋人のように。旅の中で二人の関係は変わってゆく。そして、未来へ希望を見い出した先に流れる、ナインの涙の理由とは―。世界の終わりに結ばれる、愛の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む くもりのちナイン 破壊少女は貴方のためだけに涙する

保育の騎士とモンスター娘

『保育の騎士とモンスター娘〈チルドレン〉』(神秋昌史著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

保育の騎士とモンスター娘<保育の騎士とモンスター娘> (角川スニーカー文庫)
保育の騎士とモンスター娘<保育の騎士とモンスター娘> (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年8月刊。
魔族と戦ってきた騎士が、魔族の子どもたちが集められた保育園で保育士をすることになるという、かなり異色の保育ファンタジー。
魔族の子どもといっても子どもは子ども。イタズラしたりギャン泣きしたりしつつも、楽しそうに笑って愛情いっぱいに育まれるモンスターチルドレンたちの姿にはとても癒やされました(´∀`*)
そして意外にも(失礼)「魔族保育園」という根幹の設定がしっかり作られている堅実な作品だと思います。
まだ謎が残っていてこの巻だけでは少し中途半端なところもあるので、来月発売予定の2巻に期待しています。

☆あらすじ☆
「魔族保育園」護衛の任を受けた見習い騎士・デルクは、なぜか園児たちの相手をすることに!? 読み聞かせの本(魔術書)で大悪魔が召喚され、音痴なセイレーンの歌で大混乱! モンスターヒロイン育成ラブコメ!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 保育の騎士とモンスター娘