精霊幻想記1 偽りの王国

『精霊幻想記 1.偽りの王国』(北山結莉著/HJ文庫)★★★★☆

精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)
精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
なろう発異世界転生ファンタジーなのですが、スラム出身の孤児というかなり厳しい身の上からスタートするのが特徴的な作品でした。
その後も身分社会の理不尽を正面から何度もぶつけられるため、読んでいて苦々しい気持ちになることもしばしば。
それでも主人公のそつのない優秀さのおかげで楽しく読めましたし、適度にガス抜きシーンがあるので思ったほどにストレスは感じなかったのも良かったです。
「異世界転生」という設定ながら安易なテンプレを踏まず、世界観やキャラクターの作り方に堅実さを感じられて、とても好みな作品でした。
物語としてはこれからが本番な雰囲気ですがこの先さらに面白くなりそう。とても期待したいシリーズです!

☆あらすじ☆
スラム街で生きる孤児の少年リオ。彼は七歳の時に突然、自分がかつて日本の大学生“天川春人”であったことを思い出し、剣と魔法の異世界に転生していたのだと気づく。動揺する中、リオは記憶と同時に認識した自身の強大な魔力を行使し、少女誘拐事件の解決に貢献。その功績が評価され、彼は貴族の子どもが集う名門学院に特例で入学することに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 精霊幻想記1 偽りの王国