薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム

『薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム』(佐々原史緒著/Founder:京極夏彦/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム (講談社X文庫ホワイトハート)
薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム (講談社X文庫ホワイトハート)

2015年10月刊。
京極夏彦公認「百鬼夜行」公式シェアード・ワールド「薔薇十字叢書」(公式サイト)のトップバッターな1作。
百鬼夜行シリーズは途中までしか読んでないし内容もうろ覚えなのですが、本作はそんな私でも問題なくとても楽しめました。ただ、本編に全く触れたことがないとちょっと厳しいかもしれません(中禅寺兄妹、榎木津、千鶴子が誰か分かればOK)。

主人公は京極堂の妹・敦子。12歳の彼女が在籍した女学校での不思議な事件を描く、3章立ての物語です。
(原作の関係上当然なのですが)第二次世界大戦の真っ最中という少女小説には珍しい時代設定も新鮮でしたし、「百鬼夜行」シリーズのキャラクターたちをうまくライトに仕上げているところも良かったです。
ていうか!榎さんが!超絶イケメン!!!!

☆あらすじ☆
昭和十七年四月、中禅寺敦子は兄・秋彦の薦めで、横浜の港蘭女学院に入学し、寮生活をはじめる。同室の麗しい先輩・紗江子と万里にかわいがられ、学校にも慣れた頃、教室で『天使様』というゲームが流行りはじめる。天使様のお告げで、紗江子が万引きの常習犯だと噂されるようになり、敦子は兄の知識も借りて、天使様の存在を否定する。ところがその翌日から敦子の周囲で不気味な事件が相次ぎ……。少女探偵・敦子登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム

箱入り王女の災難2 時間と秘密と天使のワルツ

『箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
箱入り王女の入れ替わりファンタジー第2巻。
前巻ラストで方向性がはっきりしたこともあって、1巻よりもかなり面白くなってきました。
これは期待のシリーズになりそうです!

☆あらすじ☆
ひょんなことから、召し使いグレーテルの体に乗り移ってしまった王女フレデリカ。イザークの協力のもと、1日1時間だけ元に戻れる方法を見つけて喜んだのも束の間、王位継承のお披露目会が開催されることになってしまう!絶対に真実を隠し通さないといけない中、陸軍大臣のミュラー公爵が、国王暗殺未遂の実行犯としてグレーテルの存在に疑惑を持ち、探りを入れてきて?箱入り王女のキケンな綱渡り生活、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難2 時間と秘密と天使のワルツ