宝石吐きのおんなのこ2 めぐる記憶とはじめての冒険

『宝石吐きのおんなのこⅡ めぐる記憶とはじめての冒険』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから
宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
宝石を吐く不思議な少女と彼女の雇い主の日々を描くファンタジー第2弾。今回もとても癒されました(´,,•ω•,,)♡
クリューが可愛すぎるし、周囲の人は優しいし。読んでいると穏やかな気持ちになれるんですよね。
ただ、その中で異彩を放つのはあの魔法少女・・・・・・まさか彼女(?)主人公の短編が挟まるとはww

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューの、すこし昔と今の話。まだ街を出歩くのがこわかった、幼き日のクリュー。そんな彼女が店主スプートニクに命じられたのは、たった一人での『おつかい』だった。簡単な道筋のはずが、なかなか辿り着かない目的地。寄り道に寄り道を重ね、先々で出会う街の人たち。当初の目的を忘れそうになりながらも、彼女は歩みを進めていく—-…そして、巡る記憶と現在の果てに、クリューにちいさな感情が芽生える。
「どうして私の親は、私をあそこに捨てたのだろう?」
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。迷いと冒険の第2幕、開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ2 めぐる記憶とはじめての冒険