魔境戦区のナイチンゲール


『魔境戦区のナイチンゲール』(岬かつみ著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

魔境戦区のナイチンゲール (角川スニーカー文庫)
魔境戦区のナイチンゲール (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年10月刊。
医術が一部の団体に独占された世界で、「往診の旅」を続けるお尋ね者医術師の少年が主人公のファンタジーです。
主人公と武器商人ヒロインの関係があまりにも可愛すぎてニヤニヤしてしまいましたw
世界観は凝っているのですが、ちょっと詰め込みすぎかも。
ただ、医術を使ったバトルや世界の秘密などの設定は面白かったので、掘り下げるためにも是非シリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
“神”が医術を禁じた世界――《魔境大陸》。お尋ね者の少年カルマは、ある日、武器商人の少女サレナと出会う。サレナのキャラバンに同行するカルマだったが……。「胸も触診したいんだが」「ちょ、そこは……あっ……」実はカルマは、この世界で珍しい“医術師”だった! サレナの頼みで、“天の杯”が支配する“西の大監獄”を襲撃することになったカルマ。そこには、“戦闘執刀医”と呼ばれる異種族の少女たちが捕らわれていて!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台は、医神に使える「天の杯」によって医術が独占される一方で、異種族間で戦争が起こっている世界。
そして、主人公カルマは「天の杯」に所属していない異端の医術師です。

お尋ね者のカルマが武器商人と看護師のふたつの顔をもつ少女サレナと出会ったことにより、「天の杯」に囚われてしまったかつての仲間を救出することになる、というのが本作のストーリーとなります。

 

カルマとサレナの関係はとてもニヤニヤしました(o´罒`o)
語りすぎたカルマがサレナに怒られて、ぎゅ。と手を取られるまでの一連の流れが本当に可愛すぎる。
たまに首をぎゅ。とやるのもご愛敬w
なんでこの子達こんなに最初からラブラブなの?という疑問が吹っ飛ぶくらいにイチャイチャしてた気がします。

 

そんな感じで主人公2人のキャラは良かったのですが、その他はちょっと惜しいかなぁ、と。
詰め込んだ設定をなんとか1冊で出しきろうとしたためか、色々な面で掘り下げ不足を感じてしまいました。

例えば、登場キャラは漏れなく暗くて憂鬱な過去持ちなのですが、その負の側面について描写が粗いように感じました。
サレナが両親を射殺したシーンとか、もっと葛藤があっても良かったんじゃない?ってくらいあっさりしてましたし。そんな感じで「このシーンもっと詳しく!」と思う場面がちらほら。

全体的に明るくてコミカルなのは良いんです。読みやすいですし。
でもその明るさの後ろにあるはずの「影」の部分こそ丁寧に掘り下げて欲しかった。
まぁ、好みの問題なのでしょうけれど・・・・・・。

 

設定の方は、最後に「死神」から怒濤の説明ターンであっさりバラしちゃうの勿体無い凝ったもの。これが明かされるところで主人公達が蚊帳の外なのが残念です。
「黒い月」の正体とか「医神」の現状とか、設定そのものは魅力的で途中まですごくワクワクできました。なので、できれば主人公達が真相に迫っていく中でゆっくりと明らかにしてほしかったです(´・ω・`)
2巻が出るかわからないから1冊でまとめたのかもしれませんけどね。勿体ないなぁ。

 

惜しむ気持ちがあふれ出てしまいましたが、良い作品だったと思います。
2巻出るかな?期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。