薬屋のひとりごと4

『薬屋のひとりごと4』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★★

薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと3 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
1巻からの多くの伏線が一挙に回収されるクライマックスな第4巻。最高に面白かったです!
最終巻的盛り上がりに完結かと焦りましたが、巻末に「薬屋のひとりごと5に続く」の文字があったので安心しました。この調子でまだまだ続いてほしいシリーズです(*^ω^*)せめて彼が報われるまでは・・・・・・

☆あらすじ☆
壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。
猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと4

2015年9月読書メーターまとめ

10月です。
0時からスタートしたBOOK☆WALKERの大型セールでまたも大量の積読が増えました。毎月どれだけ読みまくっても、読メに登録している積読本の数字は微動だにせず。むしろ微増。
そうはいっても実質7割引とか買うしかないですよね?お祭りだーってことでお財布のヒモゆるゆるです(o´罒`o)

ちなみにセールは10月2日1時59分までです。ということは。まだ積める買える?

それはそうと、9月の読書記録はこんな感じ。

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:56冊
読んだページ数:16652ページ
ナイス数:970ナイス

以下、感想一覧。
続きを読む 2015年9月読書メーターまとめ