0能者ミナト9

『0能者ミナト〈9〉』(葉山透著/メディアワークス文庫)★★★★☆

0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
0能者ミナトシリーズ感想記事一覧(旧ブログ:みかこの読書日記)

1年ぶりの新刊です。めっちゃ待ってました!
今回はドラマCD付特装版も同時発売。ドラマCD付きというものを買うのは久しぶりでしたが、とても良かったです。ぜひこのキャストでアニメ化を・・・・・・!
本編は相変わらずの面白さ。今回はスケールも(物理的に)壮大な内容となっていました。ミナトの推理が冴え渡ります( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
累計57万部超のベストセラー、第9弾!
怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。防衛省幹部、幕僚らが居並ぶ席に、ラフな服装の青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。人知が及ばぬ無敵のダイダラボッチに対し、湊は驚くべき作戦を提案する。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 0能者ミナト9