銀炎の七ツ姫と七禍の王子

『銀炎の七ツ姫と七禍の王子』(手島史詞著/一迅社文庫)★★★☆☆

銀炎の七ツ姫と七禍の王子 (一迅社文庫)
銀炎の七ツ姫と七禍の王子 (一迅社文庫)

2015年9月刊。
個人的には「飛べない蝶と空の鯱」(ガガガ文庫)以来の手島作品でしたが、面白かったです。
婚約者が暗殺を仕掛けてきた!という謎めく展開から始まるバトルファンタジー。
飄々とした第二王子と、彼に振り回される侍女、そして王子の命を狙う婚約者。
基本的にこの3人を中心に暗殺に隠された謎を追っていくのですが、「殺し愛」を軸においたストーリーがとても楽しかったです。殺し合ってるのにいちゃいちゃしてる・・・・・・!
あとがきを読むとシリーズ化を予定しているようなので、次巻も期待したいと思います。

☆あらすじ☆
ソティラス王国は王国を支える魔術師“クエーカー”の中でも特に強大な魔力を持つ「七ツ姫」の一族の力により支えられてきた。王国の第二王子のファルシオン・オリヴェル・ソティラスことシオンは、そんな七ツ姫のうら若き乙女“七歌”と彼女が16歳の誕生日を迎えた日に念願の婚約をはたすのだが、その夜、寝所でこれまでの淑女然としていた七歌の態度が一変し、炎の短剣でシオンを殺そうとする。七歌はある理由からシオンを殺さねばならないのだという。間一髪のところで七歌の深窓の令嬢にはあるまじき激烈な剣さばきをかわしたシオンだが、七歌に呪いをかけられるとともに、城下町に隠れた七歌によりところ構わず命を狙われる羽目に。シオンは執拗に命を狙う七歌を説得することができるのか。そして七歌の真の目的とは?昼行燈を装う第二王子と暗殺姫が織りなす対決ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀炎の七ツ姫と七禍の王子