りゅうおうのおしごと!1

『りゅうおうのおしごと!』(白鳥士郎著/GA文庫)★★★★☆

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
将棋モノということで少し迷っていたのですが、読んでみて大正解でした!超面白かったです!!
将棋の基本的なルールすら知らない私でも最後まで楽しく読めました。具体的に何がどうなってるのかを十分理解できていなくても、将棋に賭ける情熱が文面からひしひしと伝わってきて、それだけで燃えたので大満足です。あと、ラブコメパートはひたすら笑えたので、そういう面でも良作でした。
「のうりん」作者ということでちょっと警戒していた下ネタも(ごめんなさい)、とても軽い程度だったので安心しましたw
とても期待の新シリーズです。続きも楽しみ!

☆あらすじ☆
玄関を開けると、JSがいた――「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。「え? ……弟子? え?」「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――
『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!1